2019年08月31日

SBKドゥカティチームにニューライダー加入!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


今回はレース情報。


SBK(スーパーバイク世界選手権)にパニガーレV4Rで参戦しているAruba.it Racingチームが、来年の体制を発表しました。


ライダーは、引き続き同チームに所属するC・デイビスと、新加入のS・レディングとなります。


レディングは2014年から2018年までMotoGPに出場し、今年はBSB(ブリティッシュスーパーバイク選手権)に戦いの場を移してV4Rで走っているライダーです。


今年のバウティスタのように、レディングにもSBKの舞台で大暴れしてほしいですね!


V4Rの方もデータが蓄積され、熟成が進むことでしょう。


来年のドゥカティチームに期待です!

 

SBKドゥカティチームにニューライダー加入!
以上、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2019年08月30日

宿決めました!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


昨日のブログの続きではないですが、10月のツーリングで泊まる宿、決まりました。
 


こちら↓↓

宿決めました!
渋の湯(しぶのゆ)さんです!


ほぼ全面が畳敷きの館内、信州産の食材を使った和食、自家源泉の温泉がポイントです!


くつろげること間違いなしですよ!




昨年のツーリング参加者数を鑑みて、いちおう15名で予約を入れさせてもらいました。


私個人としては、もっとたくさんの方に来ていただきたいですね。


(目指せ!とうもろこし超え!)


参加申し込みの締切日は9月20日(金)。


参加ご希望の方はこの日までにご連絡ください。


申し込みは、ドゥカティ鈴鹿・ドゥカティ東名名古屋・ディライト奈良の各店にて受け付けております。


参加費用は、一人1万5000円となります。

 

宿決めました!
諏訪湖を眺めながら、一杯呑りませんか?


できるだけたくさんの方と、“いい時間”を共有できたらと思います。







その他の詳細は、確定し次第追ってお伝えします。


ではまた。


Arrivederci.



 


2019年08月29日

充実の足回り MONSTER821 Stealth

充実の足回り MONSTER821 Stealth こんばんは。ディライト奈良の西本です。

今年の6月22日に発売された「MONSTER821 Stealth」。
新しいカラーリングにスポーツヘッドライトフェアリングが標準装備
ここまでの違いは一目でわかりますが、
他にも標準モデルとの相違点があります。

充実の足回り MONSTER821 Stealth

充実の足回り MONSTER821 Stealth フロントフォークがフルアジャスタブルになっています。
メーカーはKAYABA。
左側フォークはスプリングプリロードのみ調整可能、右側フォークはプリロード+伸・圧減衰力調整可能なユニットが装備されました。
これは、マイナーチェンジ前のMONSTER821STRIPEと同様の変更点です。

充実の足回り MONSTER821 Stealth そして、スタンダードモデルではオプション設定の、UP/DOWN双方で作動するドゥカティ・クイック・シフター標準装備されています。
プラスαのスピードを楽しむときはもちろん、長距離・長時間のツーリングの時の、左手への負担を劇的に軽減してくれる、一度味わうとコレ無しでは走れなくなってしまう(かもしれない)アイテムです。

これだけの違いで、スタンダードモデル(ダーク)との価格差は74,000円かなりお買得!
普段は街を楽なポジションで走り、年に数回サーキット走行を楽しみたい方へ。
ワンランク上のMONSTER821です。

※外装やホイールに見られる赤い部分、実際の色はオレンジです。
 ぜひ、実車をご覧ください。

充実の足回り MONSTER821 Stealth


2019年08月29日

エエとこ探し中。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


つい先日とうもろこしツーリングを開催したばかりですが、早くも次回のツーリングイベントの準備を始めています。


私は宿取り係。


ということで、仕事の合間に「エエとこ」を探しています。

 

エエとこ探し中。

宿探しは楽しい一方、どの宿にもそれぞれ魅力があって、悩みますねー。


食事の美味しそうな宿、温泉のクオリティが高そうな宿、部屋からの眺望がよさそうな宿…。


ちなみに、まだタイムスケジュールや走るルートは決まっていないのですが、泊まる場所は諏訪湖周辺になりそうです。


あと、日程は10月5日(土)・6日(日)の予定。


まだ全然目星がついていないですが、必ずいい宿をセッティングしますので、この2日間はスケジュールを空けておいてくださいね!




以上、今日のブログはここまでとさせてもらいます。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2019年08月28日

その走り、まさにアスリート。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


今回は当店の展示車紹介。

 

こちらです↓↓
 

その走り、まさにアスリート。

ムルティストラーダ1260パイクスピークです!


ムルティストラーダ1260にはスタンダード、S、エンデューロ、そしてこのパイクスピークの4種類があり、パイクスピークはこの中でもっともスポーツ性を高めたフラッグシップモデルとなります。


ムルティストラーダは秀でたツーリング性能ばかりに注目されがちですが、パイクスピークについてはスポーツ性能も一級品です。


そもそも「パイクスピーク」という名前は、アメリカで行われているレースであるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに由来しており、実際にこのレースではムルティストラーダが勝ちまくっています(2010年〜2012年は3年連続優勝)。


エキサイティングな走りを求めるライダーの期待にもバッチリ応えてくれる1台なのです。


各部詳細に移ります。

 

その走り、まさにアスリート。

テスタストレッタDVTエンジンは、図太いトルクが特徴。


3500rpmで最大トルク(13.2kgm)の85%を発揮し、最大トルクが出る7500rpmまで頼りがいのあるダッシュを見せてくれます。


この辺りの回転数はよく使うエリアなので、実用性は高いといえます。


 

その走り、まさにアスリート。

また、パイクスピークにはマルケジー二のアルミ鍛造ホイールをはじめ、オーリンズ製前後サスペンションなどを標準装備し、SBKにも見劣りしない足まわりとなっています。


このカテゴリーのバイクに、ここまでのハイスペックパーツが標準で採用されることはあまりないと思います。

 

その走り、まさにアスリート。

ウインドスクリーンやフロントフェンダーがカーボン製であるのも見逃せません。


パッと見の高級感も抜きん出ています。


その他、シフトアップ&ダウン対応のクイックシフターが付いていたり、クルーズコントロールやウイリーコントロール等の電子制御システムも完備。


徹底的に快適性能と運動性能の向上が図られています。



 

その走り、まさにアスリート。

ガタイが大きく、最初は身構えてしまうかもしれません。


しかし実際に走り出すと、その優れた安定感がヤミツキになること間違いなしです。


そして慣れた頃には、ワインディングロードで痛快!な走りもできるかも。


ロングツーリング中に出会ったワインディングを、鋭く駆け抜ける。


ワインディング区間が終わると、快適なクルージングに切り替える。


そんな楽しみ方がピッタリです。




ご興味のある方。


一度、当店にてご覧ください。

 

その走り、まさにアスリート。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.