2022年01月27日

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.4 超重要パーツ編

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.4 超重要パーツ編 みなさまこんにちは。

少し時間が空きましたが本日もPANIGALE V2用パーツのご紹介を進めていきます。

今までご紹介してきたのも重要なパーツではありましたが、

本日ご紹介のパーツは
超が付くほど重要なパーツです。

PANIGALE V2に乗るなら絶対付けておいて頂きたいです。



その6

DEP157A クランプタイプハンドルストッパー
定価 12,870円(税別)
※オーリンズフォークモデル用

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.4 超重要パーツ編

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.4 超重要パーツ編
パニガーレに乗って転倒や立ちごけした経験のある方ならわかると思いますが、

パニガーレのハンドルストッパーはステムのアンダー部にあり、


強い衝撃が加わると作りも細いため割れやすくなっています。

立ちごけでも折れてしまうことは多々ありますし、

割れてしまったら残念ながらステム本体を交換するしかありません。

交換となると部品代だけで7万円(税別)以上かかります。

それに加えて工賃も発生するためオーナー様への大きな負担になってしまいます。

そうならない為にこのストッパーをクランプすることで、ストッパーの役割を果たします。

すなわち、ストッパーが一つ増えるということになります。

一つ増えることにより力が分散され、もともとあったストッパーも割れにくくなるということです。



また、転倒して既に折ってしまった方はこちらの商品を装着することで

ハンドルストッパーの役割を果たしてくれます。





実際に転倒してしまった車両がこちらです。

弊社のストッパーの肉抜き加工された部分が衝撃を吸収してあえて割ることで、

ステム側を守っています。

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.4 超重要パーツ編

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.4 超重要パーツ編
現在のラインナップはオーリンズ装着車のみとなっておりますが、

899/959/V2 STD などのSHOWAフォーク用も現在開発中です。

商品完成までもうしばらくお待ちください。

商品ページは
こちら




次回も超重要パーツをご紹介しますので宜しくお願い致します。

本日もご覧頂きありがとうございました。

Part.5に続きます。


 


2022年01月16日

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3 みなさまこんにちは。

本日もどんどんPANIGALE V2用パーツのご紹介を進めていきます。








その5

DEP219 ラジエーターアッパーコアガード
定価 16,000円(税別)

DEP220 ラジエーターロアコアガード
定価 17,000円(税別)
 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3
走行をしているとどうしても傷が付きやすいのがラジエーターです。

どんなバイクでも走っているだけで

飛び石や、砂利の巻き上げ等で常にダメージが入る箇所になります。



特にロアラジエーターはタイヤで巻き上げたものが

直接ぶつかりやすい位置にあるので気を遣いたい部分ですね。







弊社のコアガードはMOTO GPなどでも採用しているハニカムパターンになります。

Team de"LIGHT レーサーにも採用していて

鈴鹿8時間耐久レースでも実績のあるパーツとなります。

そしてこのパターンにしているのにはきちんと大事な理由があります。
 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3





下の写真を見て頂くと分かるように

フィン部分はしっかりと風を通すようになっており、

ウォーターチューブ部分は保護を集中しています。

弊社が目指したところは冷却性能と保護性能の両立でした。


 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3
主にラジエーターの水漏れの原因になってくるのが

ウォーターチューブの破損になります。




ウォーターチューブを破損してしまうと

最悪の場合、
自走不能となってしまったりラジエーター交換になる可能性があります。

フィンを守って冷却効率を維持しながら、ウォーターチューブへの致命傷を避けるのが

弊社のコアガードなのです。


↓商品ページはこちらよりご覧ください。
DEP219 / DEP220


大事なバイクを綺麗に永く乗って頂くためにV2オーナーの皆様、是非ご検討ください。



次回 Part.4 へ続きます

最後までご覧頂きありがとうございました。



 


2022年01月15日

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2 みなさまこんにちは。

本日はPANIGALE V2 のパーツ紹介 Part.2 になります。








そのまえに・・・




早速入荷しました。PANIGALE V2 Bayliss。

専用カラーリングが格好いい!

現車を見ると質感がより一層高く見えます。

 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2







それでは本題に戻りまして本日のオススメパーツです。




その3

DEP227 エンジンスライダー
定価 30,800円(税別)

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2
これは言うまでもなく、非常に有効なパーツですね。

装着することで転倒したバイクのダメージを極力軽減してくれるパーツです。

実績としてカウルに傷が付きにくい、ミラーが折れにくくなる、レバーが折れにくくなる

といったように弊社でもその効果は確認済みです。

Team de"LIGHT PANIGALE V4R レーサーにも装着しています。








 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2 また、スライダー本体は写真のようにが出っ張っていて隙間を作ってくれるため、

バイク本体を守るという効果とは別に、


ライダーが足を挟んで怪我をしてしまう可能性も減らしてくれます

隙間ができるということは倒れていても完全に地面にベタッと寝た状態ではないので

車体を起こす際の負担も軽減します。




もしもの時にバイクにもライダーにもメリットがある素晴らしいアイテムなのです。

これはサーキットユースでもツーリングユースでも欠かせない要素ですね!



商品ページはこちらよりご覧ください。









その4

DEP152 フロントアクスルスライダー
定価 10,400円(税別)

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2



転倒してしまった車両のフォークボトムの写真がこちら

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.2 こちらも超がつくほど重要なパーツです。

転倒の際、フロントフォークのボトムの削れから守ります。

これを装着せずに走行中に転倒してしまった場合、

かなりの確率でフォークボトムが削れてしまう他、

アクスルナットも削れてしまいますし、シャフトを痛めてしまう可能性もあります。



フォークボトムが削れてしまったので交換したい・・・と思っても、

基本的にフロントフォークアッセンブリーでの交換になってしまうので、

部品代だけでもかなりのものに。想像したくもありませんよね。

それが1万円そこそこで防げるのなら装着しない手はありません。

弊社でバイクを買っていただくお客様には必ずご提案しているパーツです。


商品ページはこちらよりご覧ください。



以上、ご紹介Part.2はここまで。

かなり念押しした説明になってしまいましたがスライダーは

本当に重要なパーツだと思います。

油断せずにこのブログを見て是非装着して頂ければ幸いです。


次回 Part.3 へ続きます

最後までご覧頂きありがとうございました。



 


2022年01月14日

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.1

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.1 みなさまこんにちは。

寒い日が続きますが
HOTな情報が入ってきました。

PANIGALE V2 Bayliss の第1便が間もなく(1月中)に入荷します!



というわけで本日はPANIGALE V2 に装着ができる

de"LIGHTオリジナルパーツについてご紹介いたします。

おすすめしたいパーツが沢山ありますので何回かに分けて投稿させて頂きます!







まずはこちら





その1

DEP207C アップタイプスクリーン
定価 19,500円(税別)

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.1


 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.1

こちらのスクリーンを装着することで高さが純正に比べて

なんと
60mmアップします。

そのためサーキットからツーリングまで非常に高い風防性を発揮し、

大きく疲れを軽減してくれます。






 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.1
また、弊社のスクリーンはとにかくその高い透明度による視認性の良さが売りです。

純正のスクリーンの場合ですと伏せた時などにどうしても視界がぼやけたり、

歪みが気になってしまいます。

視認性の向上=安全性やライディングの集中にも繋がる重要なアイテムです。


商品ページは
こちらよりご覧ください。






その2


DEP194N フロントブレーキレバーガード
定価 22,500円(税別)

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.1 アルミの削り出しで作られたこちらのレバーガード。

レースの世界で装着義務化されているパーツで、どの車両にも右側にのみに装着されています。

車両同士が競り合って接触した際にブレーキが掛かって転倒を防ぐパーツです。




弊社のレーサーにも装着しています。

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.1

MOTO GP でも装着していますね。

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.1

装着することでよりレーサーらしい見た目になりますので、

ドレスアップパーツとしてオススメですが

ツーリングライダーの方にもオススメしています。

何故かというと

立ちごけなどの転倒の際にレバーを折れにくくしてくれるからです。

出先などで倒してしまってレバーが折れて帰れなくなるなんてこともあり得ます・・・

転けないことが一番ですが、いざという時のお守りになってくれます。

見た目も格好よくなってバイクも守ってくれる大事なアイテムなのです。


商品ページはこちらをご覧ください。





本日のご紹介はここまで

Part.2も投稿しますのでお楽しみに!

最後までご覧頂きありがとうございました。


2021年09月22日

正にレース仕様! brembo Stylema R

正にレース仕様! brembo Stylema R

※写真はディライト・キャリパースペーサーに換装しています。
 

こんばんは。ディライト奈良の西本です。

2021年のパニガーレV4ファミリーに追加された「SP」。
迫力のマッドブラックボディやカーボンホイールに目を奪われがちですが、
フロントブレーキキャリパーにもレース仕様の高性能パーツが装備されています。

この「brembo Stylema R」はスーパーレッジェーラV4にも装備されていますが、一目見てわかるのはブリッジ中央の通気孔。さらに、4つのピストンにも放射状の通気孔を設け、パッド周辺の気流を増加させてフルードの温度上昇を抑えています。

正にレース仕様! brembo Stylema R ひと昔前ならコンペティションモデルにしか採用されていなかったパーツですが、今では量産車に用いられるようになっています。
とはいうものの、SPやスーパーレッジェーラは特別なモデルなので、個々のパーツもやはり特別ですね。

ちなみに、この「brembo Stylema R」はスペアパーツとして手配できます。

・61042001A 左フロントブレーキキャリパー ¥135,289(税込)
・61042011A 右フロントブレーキキャリパー ¥135,289(税込)
※2021/9/22現在の価格です。

カスタムパーツのひとつとして、ご検討されてはいかがですか?




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.