2019年12月10日

2020も、レースが楽しみ。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


MotoGPもSBKもシーズンが終わり、最近はそのあたりのネタが話題になっていないので、今回は来年のSBKの年間スケジュールを載せたいと思います。




2020年SBKカレンダー(暫定)

Rd.1 オーストラリア:2月28日〜3月1日

Rd.2 カタール:3月13日〜3月15日

Rd.3 スペイン(ヘレス):3月27日〜3月29日

Rd.4 オランダ:4月17日〜4月19日

Rd.5 イタリア(イモラ):5月8日〜5月10日

Rd.6 スペイン(アラゴン):5月22日〜5月24日

Rd.7 イタリア(ミサノ): 6月12日〜6月14日

Rd.8 イギリス:7月3日〜7月5日

Rd.9 ドイツ:7月31日〜8月2日

Rd.10 ポルトガル:9月4日〜9月6日

Rd.11 スペイン(カタルニア):9月18日〜9月20日

Rd.12 フランス:9月25日〜9月27日

Rd.13 アルゼンチン:10月9日〜10月11日




2020年のSBKは全13戦で、タイラウンドとアメリカ(ラグナセカ)ラウンドが無くなり、代わりにドイツラウンドとスペイン(カタルニア)ラウンドが加わりました。


ちなみに、SBKにドイツラウンドが復活するのは16年ぶり。


2000年から2004年まではレースが行われ、2004年には当時ドゥカティを駆っていた芳賀紀行選手が勝利を挙げています。


16年ぶりのドイツラウンドも、ドゥカティ勢がテッペンを獲ってほしいですね!


日程は、通例では鈴鹿8耐を絡めると2週連続のレースとなるところでしたが、来年の8耐は東京オリンピックの関係で7月19日が決勝日となるので、ドイツラウンドにも8耐にも大きな影響はなさそうです。


来年はレディングさんがV4Rを乗りますし、他チームも体制がいろいろと変わっているようで、どんな展開になるか楽しみですね〜。
 

2020も、レースが楽しみ。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivderci.
 


2019年11月29日

ドゥカティワークス!?

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


ビッグニュースが入ってきました!


なんと、ドゥカティが世界耐久選手権(EWC)にマニュファクチャラーとして参戦することを表明したそうです!


EWCに古くから参戦しているチームERCエンデュランスと手を組み、ドゥカティが車両(パニガーレV4R)をはじめワークスレベルのサポートを提供する形で実現したとのこと。


いつから参戦を始めるのかというと、約2週間後のセパン8時間耐久レースから(すぐやん!)。


そして順当にパートナーシップが続けば、EWC最終戦の鈴鹿8耐も走るでしょう。


これは、ワクワクが止まりませんね!


純粋なワークスチームではないにせよ、それに近い水準のドゥカティ系チームが鈴鹿に来るわけですから。


来年の鈴鹿8耐で話題になること間違いなし(確信)。




ただ、ひとつ心配事が。


チームディライトの影が薄くなっちゃうんじゃ…。





いや、そんなことはない!


#61のV4Rもブチかましますよ!




近年、鈴鹿8耐は直4エンジン車の独壇場となっています。


今年の8耐も、2気筒車はチームディライトのパニガーレRのみでした。


V4Rは4気筒なので2気筒車ではなくなりますが、V型エンジンでどこまで行けるか、直4勢を喰えるか、期待が膨らみます。


(某ニュースサイトにアップされているチームERCエンデュランスのV4Rの画像をここでも載せたいのですが、著作権的にアレっぽいのでやめておきます)


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.

 


2019年11月18日

2019シーズン閉幕。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


昨日、MotoGPの2019年ラストラウンドとなるバレンシアラウンドが開かれました。


ドゥカティチームのA・ドヴィツィオーゾは4位、D・ペトルッチはリタイヤという結果となりましたが、ドゥカティのサテライトチームに所属するJ・ミラーは3位表彰台を獲得しました。


1位はホンダのマルケス。


もう無敵状態ですね。


ここ数年、MotoGPはマルケス、SBKはレイが絶対王者という構図になっています。


そろそろ、この展開を覆さなければなりません。


来年、デスモセディチGPとV4Rの飛躍を祈りましょう!
 

2019シーズン閉幕。
 

2019シーズン閉幕。


追記:ホルヘ、お疲れ様でした!
 

2019シーズン閉幕。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.