2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 899PANIGALE

ドゥカティオーナー誕生 899PANIGALE 899PANIGALE
NSさん


今回899PANIGALEをご購入いただきましたNSさんは、初の大型二輪、初のドゥカティです。
PANIGALEに乗るために、大型二輪免許を取得されました。

「899と959」。
いくつかの相違点は当然ながらあり、どちらが良い悪いというものではないので、多くの方がどちらにしようか迷われます。
NSさんもそのなかの1人でしたが、アッパーカウルの全幅が少し狭い899を選ばれました。
両車の外観、特にアッパーカウルは、一瞬同じように見えますが、上記のように899は少しスリムで、L型ツインエンジンのスリムなところをデザインでも表現しているかのようです。
1199Sの付属品に、ナックルガード部分にプラスして空力特性を向上させるブーメラン型のパーツがあり、899に流用すれば959のカウルに少し近づきます。そうした変化を楽しむことが、899では可能です。

NSさん、この度は誠にありがとうございました。
9月にはサーキット走行会がありますので、899に慣れてきたら、チャレンジしてみてください。
一般道では味わえない、スーパーバイクの本来の姿を感じることができると思います。
そうすることで、普段の操作がより慎重に、安全になっていくはずですから。
私達も精一杯応援させていただきます。

これからも、よろしくお願いいたします。

ディライト奈良 西本


2019年04月29日

ドゥカティオーナー誕生 1299 Panigale R Final Edition

ドゥカティオーナー誕生 1299 Panigale R Final Edition 1299 Panigale R Final Edition
ヒビトくんの父さん


独特のポーズをとってくださったヒビトくんの父さん(マネキン人形ではありません。)は、これまでいろいろなオートバイを乗り継いでこられ、4台目のドゥカティとしてこのモデルを選ばれました。

1299 Panigale R Final Edition は、最期のLツインエンジンを搭載するフラッグシップ限定モデル。
スタンダード車と比べ外観でわかる違いだけにとどまらず、チタン製のコンロッド&バルブ、タングステンを用いてバランス取りされたクランクシャフトなど、エンジン内部も特別な仕様になっています。
シート下のアクラポヴィッチ製チタンサイレンサーが奏でるエキゾーストノートは、エンジンを掛けた瞬間から他のモデルとの違いを周囲に発散します。
そして、走り出せば乾燥重量168kgの車体を209.4ps/11,000rpmのパワーで操る異次元の世界。
これらはすべて、オーナー様が手にすることのできる特権です。

ヒビトくんの父さん、いつもありがとうございます。
お忙しい日々の合間に、非日常の世界で気分転換をお楽しみください。
私達も全力でバックアップさせていただきます。

これからも、よろしくお願い致します。


2019年03月10日

ドゥカティオーナー誕生 MONSTER400

ドゥカティオーナー誕生 MONSTER400 MONSTER400

牛山 功一 様

この度MONSTER400をご購入いただきました牛山様は、初めてのDUCATIです。

以前は国産2気筒エンジン車を乗られていましたが、しばらくブランクがありました。

お仕事のご都合でバイク通勤にメリットが多いということで、久しぶりのバイク復帰です。

そして、どうせなら以前から憧れていたDUCATIで、休日も楽しむことができ、好きなイエローの車両

ということで、MONSTER400になりました。


牛山様のMONSTER400は96年式、キャブレター仕様です。

400ccエンジン特有の、軽快に回るエンジンが魅力のMONSTERです。

現代のインジェクション仕様車にはないファジーな感覚、アナログ的な装備なので自分でカスタム

できる範囲が大きいなど、多くの魅力があります。

パーツ供給も問題なく行われていますので、まだまだ安心してお乗りいただけます。

何年前の車両でも、行き届いたメンテナンスが行われていれば、充分楽しむことができます。



牛山様、この度は誠にありがとうございました。

通勤に、休日の趣味に、これからのドゥカティライフをお楽しみください。

私達も全力でバックアップさせていただきます。

これからも、よろしくお願い致します。


2019年02月17日

ドゥカティオーナー誕生 899PANIGALE

ドゥカティオーナー誕生 899PANIGALE 899 PANIGALE

AFさん


この度899PANIGALEをご購入いただきましたAFさんは、なんと初めての大型二輪です。

ホワイトでカッコイイ車両ということで、スーパースポーツとどちらにしようか迷われていましたが、

やっぱり「ドゥカティならスーパーバイク」ということで、PANIGALEを選ばれました。

「ドゥカティ」と聞いて、誰もがイメージするのはスーパーバイクではないでしょうか?

サーキットに的を絞って創られたスーパーバイクは、すべてが速く走るために創られているため、

手強い一面があるのも事実です。

ですが、899などの<ミドルクラス>なら、1299や1199などの<トップクラス>に比べると

パワーが少ないため、扱いやすく感じられます。

MONSTERやSCRAMBLERでも、排気量の小さな<ミドルクラス>は、扱いやすくて楽しめる

親しみやすいモデルが多いです。



AF様、この度は誠にありがとうございました。

ドゥカティを象徴するスーパーバイクで、これからのドゥカティライフをお楽しみ下さい。

私達も精一杯応援させていただきます。

これからも、よろしくお願い致します。


ディライト奈良


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.