2019年11月20日

国境を越えるMONSTER愛。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


モンスター乗りの方、アナタのモンスターライフを世界に向けて発信しませんか。


海外サイトにて『MONSTER TALES』というモンスターオーナーのためのコミュニティが開かれています。


そこでは、愛車にまつわる写真や動画、文章などを投稿して全世界のモンスター乗りたちとバイクライフをシェアすることができるようです。


モンスターであれば、最新型でも旧型でもOK。


私も少しサイトをのぞきましたが、すでにいろいろなモンスターライフが投稿されていますね。


日本では見られない風景が映っている投稿もあったりして、面白いです。


モンスターの人気が万国共通であることを再認識させられました。


『MONSTER TALES』のサイトはこちらから


ちなみに当店では、モンスター797と821の展示車をご用意しておりまして、ご希望があれば797の試乗も可能です。


797のほうは今年の年末まで頭金サポートキャンペーンも実施中ですので、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。
 

国境を越えるMONSTER愛。

 

国境を越えるMONSTER愛。
この機会にモンスター乗りの仲間入りを果たして、その楽しさを国境を越えて共有しましょう!


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2019年11月19日

シンプルもいい。いや、シンプルがいい。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


以前ご紹介したスクランブラー アイコンダークですが、あらためて見てもカッコいいですね〜。


ヘタに着飾ることはせず、スクランブラーの特徴である“シンプル”にいっそう磨きがかかっています。
 

シンプルもいい。いや、シンプルがいい。
ドゥカティのバイクを表現する際、「スキが無い」という言葉を使うこと多いですが、このアイコンダークに関しては、「ムダが無い」という表現のほうがより適切だと思います。


日本の文化や伝統を語るときに出てくる“引き算の美学”が体現されたようなイメージ。


れっきとしたイタ車なんですけどね。


そういえば、1999年に登場したモンスター900ダークも同様の印象です。


鮮烈な赤色をまとってデビューしたモンスター900は、いかにも「イタリアンネイキッド!」という感じでしたが、900ダークはまたひと味違う雰囲気を醸し出していました。


今回のアイコンダークも、ポップなイメージが強いスクランブラーの中にあって、確固たる存在感を示してくれると思います。


ゴールドのホイールを履かせたり、ペイントで差し色を挿れるなどのカスタムも楽しいかもしれません。


また、実車が入荷した際はアナウンスしますね。
 

シンプルもいい。いや、シンプルがいい。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2019年11月18日

2019シーズン閉幕。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


昨日、MotoGPの2019年ラストラウンドとなるバレンシアラウンドが開かれました。


ドゥカティチームのA・ドヴィツィオーゾは4位、D・ペトルッチはリタイヤという結果となりましたが、ドゥカティのサテライトチームに所属するJ・ミラーは3位表彰台を獲得しました。


1位はホンダのマルケス。


もう無敵状態ですね。


ここ数年、MotoGPはマルケス、SBKはレイが絶対王者という構図になっています。


そろそろ、この展開を覆さなければなりません。


来年、デスモセディチGPとV4Rの飛躍を祈りましょう!
 

2019シーズン閉幕。
 

2019シーズン閉幕。


追記:ホルヘ、お疲れ様でした!
 

2019シーズン閉幕。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.