2020年06月25日

林道ソロツーリング その2 赤滝五條線

こんばんは。ディライト奈良の西本です。

<林道ソロツーリング その1>の続きです。

大天井滝から洞川へ。
そこから北へ、小南峠を越える県道48号洞川下市線は、
舗装路ですが冬期は通行止めになる山深いルートです。

今年の初め、通行止めを知らずに向かい、Uターンせざるを得ませんでした。
(そのときの様子はこちら)
今回のツーリングのイチバンの目的は、このルートを通ることでした。

林道ソロツーリング その2 赤滝五條線 県道48号線「小南トンネル」の南側です。
調べてみると、この小南峠の標高は約1,050m。
名阪国道針テラスで約450mなので、2倍強の標高があります。
針周辺でも、ディライト奈良の天候とは異なるときがありますから、
1,000mを超える標高となると、冬期通行止めになるのも納得できます。

林道ソロツーリング その2 赤滝五條線 トンネルの暗闇のなかに見える小さな点が、南側入口です。
119年前に開通した有効高2.3m、長さ110mのこのトンネルは、内部照明がひとつもなく少し怖い感じがしますが、あまり高さがないせいかどこか温か味も感じる不思議なトンネルでした。

このまま峠を下り、県道138号赤滝五條線に合流。
黒滝村から五條市へと向かいました。

林道ソロツーリング その2 赤滝五條線 黒滝吊橋と

林道ソロツーリング その2 赤滝五條線 その下に広がる「黒滝・森物語村」
整然と並ぶ建物が突如あらわれ、まるでジオラマを見ているような感じでした。

この先は、道の駅吉野路黒滝を過ぎて国道309号線で下市に抜けるのが自然な流れですが、
トンネル手前の五條方面を指す看板に促され、再度県道138号赤滝五條線に入り五條を目指しました。

林道ソロツーリング その2 赤滝五條線 この時点で夕方6時を過ぎ、かなり陽が傾いてきました。
夜になると、動物(主に鹿)との衝突の可能性が高まります。

林道ソロツーリング その2 赤滝五條線 少しペースを速めつつ、九十九折の県道を急ぎました。
おおまかな計画で走り出すとこういう事態になりがちですが、
新しい発見が多々あるのでやめられません。

日没を迎える直前に五條市街に到着、給油を済ませディライト奈良へ向かいました。

(…終わり。)


2020年06月24日

林道ソロツーリング その1 大天井滝まで

こんばんは。ディライト奈良の西本です。

おととい、きのうとディライト奈良は2連休。

おとといはムルティのタイヤ交換をして、
きのうは年初に冬期通行止だった峠を目指し
ソロツーリングしてきました。

ディライト奈良を出発して、ざっくりと南東方向へ。

東吉野村を通って川上村へ向かいました。

林道ソロツーリング その1 大天井滝まで

林道ソロツーリング その1 大天井滝まで 東吉野村は、ニホンオオカミが最後に捕獲されたところ。                                                              
等身大の銅像は、いつ見てもどこか悲しげに見えます。

道の駅 杉の湯川上で休憩し、林道吉野大峯線へ。
一部工事中でダートがありましたが、全線舗装路で雄大な景色を楽しむことができました。

 

林道ソロツーリング その1 大天井滝まで 途中、造成中の河原へ下りて、どこまで遡れるかチャレンジ。
1kmほど進んだところでコンクリートの堰に阻まれ、
仕方なく引き返しました。

林道ソロツーリング その1 大天井滝まで ここは、川上村から進んできて
吉野方面と天川村方面に分岐するポイント。

山中で道を間違うと大変な事態になるので、
こういうところでは一旦停まってルートを確認します。

大天井滝は、ここから左へ1.2km進んだところにあります。

林道ソロツーリング その1 大天井滝まで この定員5名の橋を渡った茂みの奥に、大天井滝があります。
 

林道ソロツーリング その1 大天井滝まで 滝のすぐそばまで行くことはできますが
足元はしっとり湿っていて滑り易く、注意が必要です。

凛とした空気でリフレッシュ。
洞川方面へ走り出しました。

冬期通行止だった峠はその先です。
<林道ソロツーリング その2>へ

(・・・続く。)


2020年06月13日

バーチャル・トラベル

バーチャル・トラベル こんばんは。ディライト奈良の西本です。


梅雨、真っ只中。

しばらくは、不安定な天候が続くようです。

こんなときは、バーチャル・トラベル!

ドゥカティ公式サイトのツーリングレポートで

ヨーロッパツーリングを楽しむことができます。


グランド・ツアー ヨーロッパを駆け抜ける旅
 

バーチャル・トラベル

Day 1
20℃の気温差を体験。
 

バーチャル・トラベル

Day 2
雄大な景色と道が、彼を迎えてくれています。

 

バーチャル・トラベル

Day 3
一日で580kmを走破。

 

バーチャル・トラベル

Day 4
「森のニオイ」
モーターサイクルの旅ならではです。

 

バーチャル・トラベル

Day 5
街を楽しむのもあり。

 

バーチャル・トラベル

Day 6
いよいよ最終日。
でも何かの始まりのような雰囲気。

 

みなさんもぜひご覧ください。

きっと走りたくなってくると思いますよ。

グランド・ツアー
ヨーロッパを駆け抜ける旅


 


2020年03月25日

今年最初の走行会「フォトショットランニング」

こんばんは。ディライト奈良の西本です。

3月23日の月曜日、ディライトでは今年最初のサーキット走行会「フォトショットランニング」を岡山国際サーキットで開催しました。

平日開催、年度末、さらに世の中的にいろいろあるなか、今回も満員・50名の方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。

岡山国際サーキットは「モスエス」と呼ばれる高速S字の通過速度を抑えるため、今年から第二コーナー手前にシケインが設けられています。

シケイン部分はコース幅が狭いようで、皆さん責めあぐねているようでした。

今年最初の走行会「フォトショットランニング」

※12が第二コーナー、01がモスエス
10がメインストレートで、11⇒12⇒01と右回りに走ります。


今まで走行したことのある方も、シケイン部分は新たな攻略法を考えさせられるので、また違ったオモシロさを楽しんでいただけると思います。

次は5月11日(月)です。

近日中に参加受付を開始しますので、今のうちにご予定の調整をお願いします。

当日の模様をGALLERYにUPしましたので、ご覧下さい。


2020年02月27日

アフター・極寒ツーリング

こんにちは。ディライト奈良の西本です。

先日(2/24)の2020極寒ツーリング解散後、
ご希望の方数名と一緒に月ヶ瀬梅渓に立ち寄りました。

そろそろ日没を迎える時間帯でしたので、花見客もまばら、営業中の売店も僅かでした。
前日の早朝にもここへ来ましたが、一日でかなり開花が進んでいるようでした。
 

アフター・極寒ツーリング 陽が西に傾き始めていたため、広い部分が日陰になっていました。
ちょっとヒンヤリ・・・。
 

アフター・極寒ツーリング この目の前の一角には多くの種類の梅が植えられていて、
紅、白、黄、淡緑、様々な色の梅花が鑑賞できます。
 

アフター・極寒ツーリング

撮る人を撮る(1)
 

アフター・極寒ツーリング

「我 思う」
 

アフター・極寒ツーリング

グッジョー!

 

アフター・極寒ツーリング

撮る人を撮る(2)

 

アフター・極寒ツーリング

15分ほど歩いたので、身体が暖まりました。
 

アフター・極寒ツーリング 梅の開花状況はまだ3~5分咲きといった具合で、
見頃は3月上・中旬頃と思われます。

皆さんも、休日には「月ヶ瀬梅渓」へ足を運んでみては
いかがでしょうか?

そして、帰りに<ディライト奈良>へお立ち寄りくださ~い。




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.