2019年04月01日

SCRAMBLERカスタム

SCRAMBLERカスタム 今回は、ディライト奈良でカスタムしましたSCRAMBLER CafeRacerのご紹介です。

 

SCRAMBLERカスタム メインは、SCRAMBLER CafeRacerにディライト ロケットカウルを取り付けるという内容でした。


 

SCRAMBLERカスタム

SCRAMBLERカスタム カウルの取付にはカウルステーが必要ですが、ディライト カウルステーKITは溶接やフレームカットなどの加工なしで装着が可能、また元の状態に戻すこともできます。
装着したままでフレームナンバーを確認することもできます。
(ピンボケの写真でスミマセン。)


 

SCRAMBLERカスタム CafeRacerの場合、ノーマル状態でメーターは低い位置にあるので、メーターステーはそのまま使用しました。
他のSCRAMBLERをベースにする際は、ディライト アルミメーターステーが必要です。

今回のカスタムで使用したディライトパーツは、以下の4点です。
・ディライト ロケットカウル
※CafeRacerやSixty2をベースにする際は、ICON用のヘッドライトサポートが必要です。
・ディライト カウルステーKIT
・ディライト ロケットカウル用スクリーン
・ディライト アルミセパレートハンドル




 

SCRAMBLERカスタム このように、ディライト SCRAMBLER CAFE RACERを部分的に取り入れたカスタムも可能です。

皆様の理想をカタチに、ディライトはお手伝いさせていただきます。
お問合せ、お待ちしております。

 


2019年02月09日

冬の必需品 グリップヒーター

先日ヘッドライトのLED化でご紹介しました899PANIGALE、今度はグリップヒーターの取付をさせていただきました。

冬の必需品 グリップヒーター 今回はプロト様のグリップヒーターです。

最近のグリップヒーターはハンドル外径がノーマルとほとんど変らず、握ったときの違和感はありません。

左のグリップとスイッチが一体型なのでハンドルまわりのスペースが厳しいスーパーバイクにもスマートに装着でき、グリップから手を離すことなく操作できます。

5段階の温度調節ができ、作動中はLEDランプがそれぞれの温度にあわせて点灯します。

一番低い温度はブルー。



 

冬の必需品 グリップヒーター 一番暖かいときはレッドになります。


 

冬の必需品 グリップヒーター

冬の必需品 グリップヒーター グリップの長さは付属のスリーブにより115/120/130mmの3サイズが選択可能。
ディライト奈良のメカニックは、スリーブを加工してPANIGALEのハンドルとピッタリ同じ長さにしました。

4月でも、早朝の山間部ではまだまだ寒い!
毎年装着をためらっていた方、今年は手元ポカポカで寒いシーズンのツーリングを楽しみませんか?

※グリップヒーター装着をお考えの方は、必ず事前にご連絡下さい。
 よろしくお願い致します。


2019年02月06日

899PANIGALEをLED化

最近はヘッドライトが標準でLED仕様になっている車両が増えてきましたが、そうでない車両の方がまだまだ多いです。

「自分のバイクもLED化したい・・・」

ディライト奈良では、899PANIGALEのヘッドライトをLEDにカスタムしました。

 

899PANIGALEをLED化 ロービームの点灯状態

899PANIGALEをLED化 ハイビームの点灯状態

899PANIGALEをLED化 LEDバルブは、「スフィアライト」さんのユニットを用いました。

899PANIGALEをLED化 LOWビームはユニットのフィン加工が必要です。
HIビームは、エアダクトの一部加工が必要です。

899PANIGALEをLED化 PANIGALEシリーズのヘッドライトLED化をお考えの方は、
ディライト奈良までお問合せください。




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.