2021年06月09日

オリジナルメンテナンスマット発売

オリジナルメンテナンスマット発売 ディライトオリジナル
メンテナンスマット

税込定価25300円
近日発売開始


メンテナンスマットとは、
整備時に車体の下にひくマットの事です。
レース界でもよく使用されています。


マットを引くことによって整備による不安を取り除きます。
・・・ボルトを落として無くした・・・
・・・パーツを外して落としてしまい傷がついてしまった・・・
・・・工具やパーツが砂やホコリで汚れない・・・


しかも、
・・・見た目がカッコいい・・・

これにつきますね。


あと便利なのは、
洗うことができ、何度でも使用できる。

これはありがたいです。
耐油性はありますが、汚れてしまったら洗いたいですよね。


サーキットを走られる方は是非ピットで使ってほしいと思います。

あと、自宅ガレージやトランポの中でも使用できます。


サイズは、
2100mm×1000mm
です。
丁度バイク1台分の大きさです。

イメージ湧いてきました?
カッコいいですよね。



購入や商品の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.delight-suzuka.co.jp/products_detail/528/


 


2021年06月02日

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

SUPERSPORT S

モデル年式:2017
走行距離:14600km
価格(支払総額):139万6000円
(車両価格:127万0000円)

※価格改訂しました。
車検2年付 車台番号下3桁 868
※支払総額とは、車両本体価格に法定費用・車検費用(必要な場合のみ)・登録手数料などが含まれた金額です。

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S 「日常の様々なシーンでスポーティーなライディングを愉しむ」ために開発されたモーターサイクル。

スーパースポーツは、スーパーバイクシリーズのようなスポーツ性に、多用途性を調和させています。

テスタストレッタ11°・L型2気筒デスモドロミック4バルブ水冷エンジンは、937ccの排気量から110ps@9,000rpmの最高出力を発揮し、サーキット走行のようなハードなライディングからデイリーユース、またはタンデムでのロングツーリングまで、幅広いシチュエーションに対応します。

ABS、DTCも装備されたきれいなスプリンターに、UP/DOWN双方のクイックシフター、前後オーリンズサスペンションが備えられた“S”バージョン。

状態のいい外装からは、大切に扱われていたことが伝わってきます。

「一台のドゥカティで色々な使い方をしてみたい」

そんな欲張りな方におススメです。

※こちらから紹介動画をご覧いただくことができます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当店の販売車輌は、経験豊富なメカニックがDUCATI専用コンピューターのDDS2.0を用いた点検および整備を施し、さらにテストランを行ってから納車いたしますので、価格以上の安心が含まれています。お客様にご納得いただける1台をご提供いたします!

ご興味のある方はお気軽にお問い合せください。


※車両は各店舗を巡回しておりますので、ご来店の際は事前にご連絡をお願いいたします。


<お問い合わせはこちらまで>

ドゥカティ鈴鹿:059-370-552

ドゥカティ東名名古屋:0568-68-7101

ディライト奈良:0743-85-4910

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S


2021年05月21日

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP

HYPERMOTARD SP
モデル年式:2014
走行距離:1475km
価格(支払総額):1,781,000円
(車両本体価格:1,655,000円)
※価格改訂しました。

ETC付属、車検2年付 車台番号下3桁052
※支払総額とは、車両本体価格に法定費用・車検費用(必要な場合のみ)・登録手数料などが含まれた金額です。

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP 2008年、1100ccの空冷エンジンで登場したHYPERMOTARD1100。
2010年、803ccバージョンのHYPERMOTARD796が加わり、モタードシリーズへの間口を広げました。
そして2013年、821cc水冷エンジンのニューバージョンにフルモデルチェンジされました。

今回ご紹介するのは、そのニューバージョン中の最上位モデル「SP」です。

テスタストレッタ11°の水冷821ccエンジンやライドバイワイヤ、ABS、トラクションコントロールなどは他のニューバージョンハイパーの「スタンダード」「ストラーダ」と同様ですが、マルゾッキ製Φ50mm倒立フォーク、オーリンズ製リアショックユニット、マルケジーニ製アルミ鍛造ホイールなど、足回りパーツ中心のグレードアップがはかられ、車高が20mmUP、許容バンク角が2.5°プラスの47.5°(共にスタンダード比)になり、激しい走りにも対応するものになっています。

ですが、この車両はフロントサスペンションのショート化と
スプリングレートを低くしたリアサスペンション、それにあわせたスタンダード用のサイドスタンドの装着で、本来のSPより足着きが良くなっています。

他にもテルミニョーニのフルエキゾーストキットやカーボンメーターカバーなどに換装されたHYPERMOTARD SP。

走行距離も非常に少ない、かなりお得な内容の車両です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


当店の販売車輌は、経験豊富なメカニックがDUCATI専用コンピューターのDDS2.0を用いた点検および整備を施し、さらにテストランを行ってから納車いたしますので、価格以上の安心が含まれています。お客様にご納得いただける1台をご提供いたします!


ご興味のある方はお気軽にお問い合せください。


※車両は各店舗を巡回しておりますので、ご来店の際は事前にご連絡をお願いいたします。


<お問い合わせはこちらまで>

ドゥカティ鈴鹿:059-370-552

ドゥカティ東名名古屋:0568-68-7101

ディライト奈良:0743-85-4910

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP

【ディライト特選中古車】HYPERMOTARD SP


2021年04月08日

2021年のディライト・イベントについて

2021年のディライト・イベントについて

こんばんは。3月、4月と平年を上回る暖かい日が続き、お出掛けには好都合ですね。
皆さん、バイクでお出掛けされてますか?

最近非常に多くいただいているのが、ツーリングやバーベキューの
ディライト・イベント開催についてのお問合せです。
 

2021年のディライト・イベントについて


皆様ご存知の通り、新型コロナウイルス感染症の拡大が昨年から続いています。
このような状況を鑑み、ディライトではお客様同士の近距離での
飲食を伴うイベントの開催を見合わせております。
(ワンデイ・一泊ツーリング、バーベキュー大会、クリスマスパーティーなど)
 

2021年のディライト・イベントについて


皆様からのお問合せは、楽しみにしていただいている証と解釈しており、大変うれしく思います。
 


一日も早く、皆様と楽しいひと時を過ごせる日が来ることを
心より願っております。

 

2021年のディライト・イベントについて


今後、事態が改善の方向に動き、
皆様とのひと時を安心して過ごせると判断できるときがきたら
上記のイベントは必ず開催しますので、
ご参加よろしくお願い致します。

2021年の中止・開催時期未定のイベント
・バーベキュー大会(中止)
・ワンデイツーリング(未定)
・一泊ツーリング(未定)
・クリスマスパーティー(未定)


2021年03月31日

【開発中】STREETFIGHTER V4用スポーツタイプスリップオン

【開発中】STREETFIGHTER V4用スポーツタイプスリップオン 皆様こんにちは。

本日は開発中の製品のお知らせです。

現在、STREETFIGHTER V4に装着できる



スポーツタイプスリップオンを開発中です。
 

【開発中】STREETFIGHTER V4用スポーツタイプスリップオン

【開発中】STREETFIGHTER V4用スポーツタイプスリップオン 既に弊社からラインナップしているPANIGALE V4 用のスポーツタイプスリップオン

と全体的なスタイリングは同じにしています。フェンダーレスキットも装着可能。

 

【開発中】STREETFIGHTER V4用スポーツタイプスリップオン

【開発中】STREETFIGHTER V4用スポーツタイプスリップオン STREETFIGHTER V4に装着しするとエキゾーストパイプの取り回しが

よりハッキリ見えるのが格好いいですね。

2020年 EURO4 および 2021年 EURO5 の両モデルに装着できるよう現在開発中です。

詳細や発売時期などは少しずつお知らせしていきますので完成までお楽しみに




 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.