2019年11月16日

もう、「今のうち」なんです。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


V4だV2だ言われている今日このごろですが、いや、だからこそ、今回はこちらをご紹介します。
 

もう、「今のうち」なんです。
1299パニガーレ!


2気筒パニガーレの最大最強完全体です!


パニガーレV4が登場した今、2気筒のフラッグシップSBKを新車で乗れるチャンスは、限りなく ゼロに近いです。


たしかに性能面では、最新鋭のV4のほうが上かもしれません。


しかし一方1299のエンジンには、「性能」という尺度だけでは測れないものが詰まっています。


それは、(遡ればもっとですが)916・996・999・1098・1198・1199といった歴代モデルを経て積み重ねてきた、ドゥカティのアイデンティティとプライドです。


V4でアイデンティティとプライドを捨てたというわけでは全然ないですが、やはりLツインエンジンのSBKというのはドゥカティの歴史であり情熱なのです。


なので1299に関しては、単に走行性能だけでなく、ドゥカティ伝統の製法で作られているという部分でも価値を感じてもらいたいです。


もちろん、今後はパニガーレV2も登場するし、他のファミリーでLツインを体感することも可能です。


しかし、スポーツバイクメーカーであるドゥカティが社運を懸けて作り続けてきた“2気筒のフラッグシップSBK”は、もうこれからは中古でしか手に入りません。


今、ピカピカ新車で入手できるうちにいかがでしょう。

 

もう、「今のうち」なんです。
店頭展示中です。


お早めにどうぞ。


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.
 

もう、「今のうち」なんです。


2019年11月16日

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

SCRAMBLER1100 SPECIAL

モデル年式:2018
走行距離:1773km
価格(支払総額):173万7000円(車体価格:166万6300円)

ETC・グリップヒーター付属

※支払総額とは、車両本体価格に法定費用・車検費用(必要な場合のみ)・登録手数料などが含まれた金額です。

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル 大型免許で乗ることが出来るモーターサイクルに、“フレンドリー”をプラスして大きく支持を得たSCRAMBLER。

そのSCRAMBLERファミリーのなかでイチバン大きな排気量を誇るのが「1100」です。

ただ単純に排気量を大きくしただけではなく、DUCATIの空冷エンジンで初めて3つのライディングモードを備えた車両です。

走ること自体が楽しければそれに費やす時間も長くなり、様々なシチュエーションの中で走る機会が出てきます。

キビキビとスポーティーに走りたいワインディング。

疲れを気にせず、遠くへ、遠くへ。

街の雑踏のなかをスマートに。

「ACTIVE」「JOURNEY」「CITY」のライディングモードを上手に選択することができれば、SCRAMBLER1100はより身近に、そして走ることがますます楽しくなってきます。

また、この<SPECIAL>は、所有する喜びも深められたモデル。

クロームメッキのエキゾーストパイプには流れる景色が写り込み、満足感に充たされます。

ブラシ仕上げのスイングアームやスポークホイールも、<SPECIAL>だけの装備。

特別な時間を、特別なバイクで。

すぐそばに、特別なSCRAMBLERはあります。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


当店の販売車輌は、経験豊富なメカニックがDUCATI専用コンピューターのDDS2.0を用いた点検および整備を施し、さらにテストランを行ってから納車いたしますので、価格以上の安心が含まれています。お客様にご納得いただける1台をご提供いたします!


ご興味のある方はお気軽にお問い合せください。



※車両は各店舗を巡回しておりますので、ご来店の際は事前にご連絡をお願いいたします。


<お問い合わせはこちらまで>
ドゥカティ鈴鹿:059-370-552

ドゥカティ東名名古屋:052-703-7101

ディライト奈良:0743-85-4910


 

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル


2019年11月15日

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


現在ドゥカティでは新車購入をサポートするキャンペーンがいくつか実施されています。


ディアベル1260もキャンペーン対象モデルのひとつで、デスモプラン特別低金利1.9%が適用されます。
 

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。
ローンでの購入をお考えの方にとっては、またとないチャンスです!




ディアベルの推しポイントは、ライダーフレンドリーなところ。


迫力のある外観からはイメージできないかもしれませんが、とにかく安心感が大きいです。


安心感を生んでくれる要素としては、

・またがった際に足を接地させやすい

・乗車姿勢がゆったり

・バイク自体の重心が低い

・低速域でもトルクフルなエンジン

などが挙げられます。


足を地面につけやすいというのは、そもそもディアベルはシート高が低いということがありますが、加えてシートの幅がキュッと絞られていることもそれに寄与しています。


ドゥカティのLツインエンジンは幅がほぼ1気筒分しかないので、フレームの幅も抑えることができ、スリムな車幅を実現できるのです。


シートの幅が狭いので、シート高の数値以上に足を接地させやすく感じることができます。




乗車姿勢については、視界を広く保てる幅広のハンドル、クッション性とホールド性に優れたシート、そして違和感のない位置にセットされたステップにより、リラックスしてライディングすることが可能です。


バイクは、ライダーが力んで操作するとスムーズな動きをしてくれなくなるので、安心かつ安全に乗るためにも、リラックスできる状態というのはきわめて重要になります。




バイクの重心が低いことのメリットは、直進安定性が高いということと、車体が急に倒れこむことが少ないことがあります。


たとえば、バイクを手で押し引きする時や、低速で旋回する時などに車体がグラついても、グラつく挙動が比較的穏やかなので、車体を支えやすいのです。


ディアベルは決して軽くはありませんが、低重心のおかげで、その重さへの対処はしやすいほうだと言えるでしょう。




エンジンも頼りがいが大きいです。


いわゆる高回転型ではなく低回転からモリモリパワーが出てくる特性なので、ゼロ発進は力強く、そこからの加速力はもうあり余るほど。


ちなみに、静止状態から最初の数百メートルの加速力はパニガーレV4よりも上らしいですよ(笑)。


つまりツーリングなんかでは、エンジンを回さなくても速いし、余裕をもって流せるということなのです。


私根岸的には、北海道や北米をこのディアベルで走りたいですね。
 

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。
「一見イカついんだけれど、実は優しいマッチョ」という感じです。


外観も、現行モデルになってからよりスポーティ&スマートになりました。


当店では現在試乗車もご用意しておりますので、ぜひご来店いただいてディアベルに触れてみてください。
 

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.
 

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.