2019年12月10日

2020も、レースが楽しみ。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


MotoGPもSBKもシーズンが終わり、最近はそのあたりのネタが話題になっていないので、今回は来年のSBKの年間スケジュールを載せたいと思います。




2020年SBKカレンダー(暫定)

Rd.1 オーストラリア:2月28日〜3月1日

Rd.2 カタール:3月13日〜3月15日

Rd.3 スペイン(ヘレス):3月27日〜3月29日

Rd.4 オランダ:4月17日〜4月19日

Rd.5 イタリア(イモラ):5月8日〜5月10日

Rd.6 スペイン(アラゴン):5月22日〜5月24日

Rd.7 イタリア(ミサノ): 6月12日〜6月14日

Rd.8 イギリス:7月3日〜7月5日

Rd.9 ドイツ:7月31日〜8月2日

Rd.10 ポルトガル:9月4日〜9月6日

Rd.11 スペイン(カタルニア):9月18日〜9月20日

Rd.12 フランス:9月25日〜9月27日

Rd.13 アルゼンチン:10月9日〜10月11日




2020年のSBKは全13戦で、タイラウンドとアメリカ(ラグナセカ)ラウンドが無くなり、代わりにドイツラウンドとスペイン(カタルニア)ラウンドが加わりました。


ちなみに、SBKにドイツラウンドが復活するのは16年ぶり。


2000年から2004年まではレースが行われ、2004年には当時ドゥカティを駆っていた芳賀紀行選手が勝利を挙げています。


16年ぶりのドイツラウンドも、ドゥカティ勢がテッペンを獲ってほしいですね!


日程は、通例では鈴鹿8耐を絡めると2週連続のレースとなるところでしたが、来年の8耐は東京オリンピックの関係で7月19日が決勝日となるので、ドイツラウンドにも8耐にも大きな影響はなさそうです。


来年はレディングさんがV4Rを乗りますし、他チームも体制がいろいろと変わっているようで、どんな展開になるか楽しみですね〜。
 

2020も、レースが楽しみ。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivderci.
 


2019年12月10日

ドゥカティオーナー誕生 959panigale

ドゥカティオーナー誕生 959panigale DUCATI

959PANIGALE

三沢 真理さん


この度959PANIGALEをご購入されました三沢さんはM821を所有されており、

2台目のドゥカティとなります。

モンスターも気に入られて乗られていますが、

新しい挑戦としてスーパーバイクシリーズをお選びになられました。

959PANIGALEはドゥカティスーパーバイクシリーズのミドルクラスとして人気が高い車種です。

何故かと言うと、適度なパワーとワインディングでは1299シリーズより高い旋回性を持つからです。

1299はサーキットを意識したモデルに対し959は一般公道のワインディングを意識して作られています。

ですから、タイトなコーナーも得意の旋回性で楽しむことができます。

もちろんサーキットだって楽しめます。

そういったところが人気車種となる所以です。

三沢さんもドゥカティのスーパーバイクシリーズを楽しんでくださいね。

私たちもしっかりとサポートさせていただきます。




人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!
 


2019年12月09日

★クイズ$ネギオネア★vol.2

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


みなさんお待ちかね!


★クイズ$ネギオネア★の時間です!


 

★クイズ$ネギオネア★vol.2

Q. シエタ社が開発した『クッチョロ』エンジンのOEM生産を1946年から手がけるようになったドゥカティ。この後ドゥカティは同エンジンを流用して、独自にある工業製品を開発したが、それは何?

A. 耕運機
B. 三輪自動車
C. ボート
D.自動織機 










(「ファイナルアンサー?」のくだりはやりません)










正解は…










B




三輪自動車です。




ドゥカティは戦後クッチョロの生産を行うようになり、これによって戦後の復興を果たしました。


クッチョロは当時としてはひじょうに高性能なエンジンで、ドゥカティはこのエンジンを用いた自社製品の開発を企画。


そこから生まれたのが、『ジリーノ』という三輪自動車でした。


荷台を備えたトラックで、最大積載量120kgを誇りました。


ただ、シャーシの完成度がいまひとつで、残念ながら商売的に成功とはいかなかったようです。






ドゥカティ、二輪だけでなく三輪も作っていたのですね。


さすがに三輪自動車は非現実的でしょうが、『ジリーノ』というネーミングはいつかまた復活してほしい…(「パニガーレ」的な感じで)。


みなさん、正解しましたか。


ねぎもんたもガンガン勉強中です。


vol.3もお楽しみに!


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.

★クイズ$ネギオネア★vol.2

↑クッチョロ




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.