2019年12月24日

2019年を振り返ろう!のコーナー【鈴鹿サーキット走行会編】

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


今日の2019振り返りは、鈴鹿サーキットフルコースチャレンジ走行会です。
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【鈴鹿サーキット走行会編】
先日は岡山国際サーキットを走るフォトショットランニングを取り上げましたが、この鈴鹿の走行会もディライトイベントの目玉のひとつです。


鈴鹿8耐の舞台を走れるとあって、毎回大好評の同イベント。


毎年2回ずつ開催しており、5月開催回ではなんと200名近いご参加を頂きました!


本当にありがとうございます!
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【鈴鹿サーキット走行会編】
鈴鹿サーキット走行会の特徴は、スキルや経験に応じて走行クラスが分かれているところ。


ビギナーは初心者クラス、経験者は中級者または上級者クラスというふうに枠が個別に設定されているので、それぞれ安心かつ安全に走行を楽しむことができます。


鈴鹿サーキットはアベレージスピードが高いコースで、とくにビギナーの方には敷居が高く思われがちですが、この走行会では走行前のブリーフィングをみっちり実施し、また走行時にもベテランライダーによる先導がつくので、初級ライダーでも安心して走ることができるのです。
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【鈴鹿サーキット走行会編】
レースが好きな人のなかには、鈴鹿サーキットに憧れを抱いている人も多いはず。


来年、ぜひ愛車とともに鈴鹿の風を感じてみませんか。


お待ちしております。
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【鈴鹿サーキット走行会編】
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2019年12月23日

2019年を振り返ろう!のコーナー【バーベキュー大会編】

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


今回は、5月に開かれたバーベキュー大会を振り返ります。


今年のBBQは、曇天の下での開催となりました。


が、100名を超える方々にご参加いただき、会場は大いに盛り上がりました。


準備した食材はどれも好評で、ほぼ完食。


とくに人気だったのは、ステーキ串とフランクフルト。


この2品はレギュラー化決定です。
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【バーベキュー大会編】
バイク乗りは、BBQやキャンプも好きな人が多い気がします。


巷ではキャンプツーリングも流行っているみたいですしね。


来年は、ディライトでキャンプツーリングを企画するのも面白いかもしれません。


(SBKオーナーにはキツい企画かな?)
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【バーベキュー大会編】
来年も催す予定ですので、また来てください!


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【バーベキュー大会編】


2019年12月22日

2019年を振り返ろう!のコーナー【フォトショットランニング編】

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


2019振り返りブログ2日目は、今年3月に開催したフォトショットランニング(岡山国際サーキット走行会)をピックアップします!


フォトショットランニングは、約20年続けてきたディライトの長寿イベントです。
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【フォトショットランニング編】
3月末に開催された今年の第1回目は、約50名が参加。


肌寒さの残るなかでの開催でしたが、たくさんの方に来ていただけました。


ご参加くださる方のなかにはベテランのみならずビギナーの方もいるので、走行前にしっかりとブリーフィングを行い、ルールやマナーを確認します。


この第1回開催時も、密なブリーフィングの甲斐あって、大きなトラブルやアクシデントはゼロでした。
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【フォトショットランニング編】
ディライトでは、こういったサーキット走行会のイベントも積極的に開催しています。


サーキット走行会イベントというと何だか敷居が高そうに思われるかもしれませんが、そんなことはまったくありません。


ディライトの走行会は基本、“初心者ウェルカム”です。


実際、ディライトの走行会でサーキットデビューを果たされた方も多々いらっしゃいます。


そこのアナタも、来年一緒にサーキットを楽しみませんか。


日ごろのストレス発散にもなりますよ。


来年も複数回開催予定ですので、ぜひ。
 

2019年を振り返ろう!のコーナー【フォトショットランニング編】
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.