2019年04月21日

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE V4R)

いつもありがとうございます!ディライトです。

SBK(スーパーバイク世界選手権)で全戦全勝中のパニガーレV4Rですが、もうすぐ日本でもデリバリーが始まります。

今日のブログはそれに合わせて、パニガーレV4Rに使えるドゥカティ純正&ディライトオリジナルカスタムパーツをいくつかご紹介します。






DUCATI Performance コンフォートライダーシート

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE V4R)
標準シートよりも密度が高く厚みを増したパディングを採用し、快適性を向上。ライダーの疲労軽減に貢献します。

座面の高さは標準比でプラス20mmとなります。


価格:¥27,220(税別)







ディライト リヤアクスルスライダー

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE V4R)

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE V4R)
転倒など、万が一の際にアクスルシャフトが傷つくのを防いでくれます。

工具を使わず、1/4回転回すだけで脱着できるところがポイント。

装着状態でメンテナンススタンド(レーシングスタンド)もかけられます。

アルミ製で高級感も抜群ですね。

価格:¥26,800(税別)








DUCATI Performance ビレットアルミニウム製フィラープラグ

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE V4R) V4Rの上品さ・美しさをよりいっそう引き立ててくれるフューエルタンクキャップです。

専用キーが付属し、このキーには防犯性向上のためのタンパリング防止システムも備わっております。

イタリアンメーカー・Rizoma(リゾマ)社との共同開発品。

価格:¥35,700(税別)








ディライト フロントブレーキレバーガード

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE V4R) 転倒などによるブレーキレバーの損傷を抑えてくれます。

アルミ製で、アルマイト処理がされており、ルックスもグッド。

レースレギュレーションにも対応しております。

価格:¥24,300(税別)



以上、今回は4つのパーツをピックアップしました。

これら以外にもたくさんラインナップがありますので、別の機会にまた紹介させてもらいます。

【参考】
ディライト公式サイト PRODUCTSページ↓↓
https://www.delight-suzuka.co.jp/products/


 


2019年04月20日

4/21の《早朝・お散歩ツーリング》について

4/21の《早朝・お散歩ツーリング》について 明日(4/21)の《早朝・お散歩ツーリング》は

予定通り開催致します。

明日の日中の予想最高気温はなんと25℃!とかなり暖かい陽気になりそうですが、
予想最低気温は12℃と、13℃もの気温差があります。
早朝の山間部は意外に肌寒く感じますので、服装で上手に調節して下さい。

集合時間・場所などはこちらをご覧下さい。

では、明日の早朝お会いしましょう!


2019年04月19日

【 展示車紹介 】 MONSTER 797+(plus)

いつもありがとうございます!ドゥカティ東名名古屋です。

当店の展示車両をご紹介します。

今日の1台はこちら↓↓

【 展示車紹介 】 MONSTER 797+(plus)

モンスター797+(プラス)です!

1993年に900がデビューし、早26年。

モンスターも息の長いモデルとなりました。

現在は1200、821、そしてこの797の3機種でモンスターファミリーが構成されています。

現行のモンスターファミリーの中では、末弟モデルということになりますね。






さてここでみなさん、「末弟モデル」と聞いて、どういうことをイメージするでしょうか。

もしかしたら、「質を落とした廉価版」という見方をする方もいるかもしれません。

確かに、797にはオーリンズやマルケジーニといった有名メーカーのパーツは付いていないですし、エンジンパワーも約70馬力と、現代の基準で考えると決して高出力とはいえません。

カタログ上の装備やスペックだけで比べると、1200や821に見劣りしてしまうでしょう。






しかし、しかしです!

797は、決して「安く作ったバイク」などではありません!

明確な意義が与えられた、ドゥカティ渾身の1モデルなのです。


 

【 展示車紹介 】 MONSTER 797+(plus)

モンスター797の存在意義…それは、

“ 誰もが簡単にドゥカティのパフォーマンスを味わえる ”

ということなのだと考えます。

車体を構成する要素、そしてそこから生まれる乗り味が見事に

“ 丁度よく ”

作られているのです。






たとえば、フレーム。

797には、ドゥカティのお家芸であるトレリスフレームが採用されています。

トレリスフレームは軽量で、また剛性のバランス取りをしやすいことが長所です。

797に用いられているトレリスフレームは、その長所を、デイリーユースレベルにおいても感じ取れるように設計されています。

ワインディングロードでのコーナリング、市街地での右左折時などでもフレームが適切にしなり、安定的かつ軽快にバイクを操れるように作られているのです。

サーキットでなくともドゥカティ・ハンドリングを味わえるって、いいと思いませんか?

また、797のトレリスフレームについては、かつてのモンスター900のそれを想起させる形状で、“ 伝統的なドゥカティらしさ ”をアピールしているところも魅力ですね。


 

【 展示車紹介 】 MONSTER 797+(plus)


797の扱いやすさを実現しているもう一つの大きな要素が、エンジンです。

排気量803cc、空冷2バルブの「デスモデュエ」エンジンは、中回転域におけるトルクの強さが特徴。

5,750rpm(回転数)をピークとし、その前後、だいたい5,000〜7,000rpmで豊かなトルクを放ってくれます。

そこに、Lツインエンジン特有の活きのいいスロットルレスポンスが組み合わさり、街中では交通の流れに合わせて俊敏に走れ、またワインディングのコーナーではドゥカティらしい痛快な立ち上がり加速を味わうことができます。

Lツインの真骨頂、ここにあり!といった感じでしょうか。






そして、72馬力というパワーも、本当に“ 丁度いい ”。

「パワーがありすぎて、アクセルを開けられない」ということもなく、かつ(公道を常識の範囲内で走る分には)パワー不足を感じることもありません。

「ツーリングで、そこそこスポーティに楽しく走りたい」、「街中をキビキビ走りたい」という方にとってはベストマッチなのではないかと思います。

頼り甲斐のあるトルクとほどよいパワーをもつ797のエンジンは、スペック至上主義の高回転型エンジンには成し得ない親しみやすさをもっているのです。






また、扱いやすさだけではなく、空冷Lツイン特有の“ 味 ”もしっかりと織り込まれているので、そのあたりも感じてもらえたらと思いますね。

1200や821にはない魅力がここにあります。


 

【 展示車紹介 】 MONSTER 797+(plus)


その他、ホイールやサスペンションなども、幅広いシチュエーションで心地よくライディングできるように設計/設定されており、よりいっそう扱いやすさに磨きがかけられています。






大型バイクへのステップアップを検討中の方、今までドゥカティに乗ったことのない方、そして、「初バイクです」という方にも、モンスター797はいいチョイスなのではないかと思います。

「ハイスペックのバイクに疲れた」というベテランの方にもいいかもしれませんね。






ちなみに今回紹介しているモンスター797+は、スタンダードのモンスター797にビキニカウルとリヤシートカウル(タンデムシートカバー)が追加されたグレードで、それ以外はスタンダードと同一の仕様となります。


 

【 展示車紹介 】 MONSTER 797+(plus)

【 展示車紹介 】 MONSTER 797+(plus)




モンスター797が気になった(なっている)方、ぜひ当店へ見にお越しください。


今なら821も展示してありますので、直接比較もできますよ。


スタッフ一同、お待ちしております。


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


 


2019年04月17日

4/21の《早朝・お散歩ツーリング》について

4/21の《早朝・お散歩ツーリング》について 桜の花びらが舞うなかを、ゆっくり、のんびり・・・・。
《早朝・お散歩ツーリング》

今年2回目の《早朝・お散歩ツーリング》。
前回と一部ルートが重なりますが、一ヶ月の自然の変化を楽しみながら走りましょう。

日時 : 4月21日(日)
集合場所・時間 : ファミリーマート奈良白毫寺店 
        (県道188号「東紀寺三丁目」交差点を東へ650m)
         6:40集合 7:00出発
解散場所・時間 : 道の駅針テラス
 8:10頃 到着・解散

 

※参加ご希望の方は、4/20(土)の19時までにディライト奈良までご連絡下さい。

※集合場所へはガソリン満タンでお願いします。

※天候等の理由により、順延する場合があります。

 前日のBLOGおよびフェイスブックにて告知します。

 

早朝の山間部は、意外に肌寒く感じます。

ウェア選びには十分注意して、ご参加下さい。


2019年04月15日

【試乗車紹介】SCRAMBLER1100 Special

いつもありがとうございます!ドゥカティ東名名古屋です。

本日は、当店の試乗車をご紹介したいと思います。


 

【試乗車紹介】SCRAMBLER1100 Special
スクランブラー1100スペシャルです!

スクランブラー・ファミリーには現在、400ccクラス、800ccクラス、そして1100ccクラスの3クラスがあり、1100クラスの中でさらに、スタンダード/スポーツ/スペシャルという3つのバリエーションが存在します。

できればスペシャル以外の2つのバリエーションにも触れたいのですが、長くなるので今回はスペシャルのことに絞って書かせていただきます。




 

【試乗車紹介】SCRAMBLER1100 Special



さて、1100スペシャルの一番の魅力といえば、やはりそのルックス。

ワイヤースポークホイールを採用したり、アルミパーツをふんだんに使うことで、クラシカルかつ上質な雰囲気が演出されています


 

【試乗車紹介】SCRAMBLER1100 Special

フューエルタンク側面のサイドカバーには陽極酸化処理(アルマイト)が施されているのですが、これは1100スペシャルだけの仕様となっております。

ひじょうにキメの細やかな仕上がりで、思わず撫でまわしたくなりますね(笑)。

スクランブラーのようなシンプルなデザインのバイクにとって、フューエルタンクはバイク全体のイメージを左右する重要な存在です。

そういう意味で、このアルミサイドカバーは、1100スペシャルの上品さを引き出す主役を果たしているといえるでしょう。


 

【試乗車紹介】SCRAMBLER1100 Special

エキゾーストパイプも特別。

1100スペシャルのものにはクロームメッキがかけられ、パイプの曲線美が堂々と主張されています。

洗車の時にじっくり磨きたくなりそう(笑)。



 

【試乗車紹介】SCRAMBLER1100 Special

そしてそして、スイングアームも見逃せません。

表面がブラシ処理で丁寧に仕上げられ、絶妙な光沢を放っています。

高級感もバツグン、作り手のこだわりがビンビン伝わってきますね。





 

【試乗車紹介】SCRAMBLER1100 Special

このように、スクランブラー1100スペシャルは、まさにその名前どおり、他にはないスペシャルな1台となっております。


当然、走りに関わる部分もドゥカティらしくしっかりと作りこまれていますし、さらに今となっては、空冷大排気量というのも大きな魅力となるのではないでしょうか。


大型二輪免許を保有されている方ならどなたでもお乗りいただけます。


佇まい、そして走りに込められた質感の高さを、ぜひ当店にてご体感ください。


以上、最後までお読みいただきありがとうございました!


 

【試乗車紹介】SCRAMBLER1100 Special




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.