2020年02月29日

ドゥカティオーナー誕生 ハイパーモタード950SP

ドゥカティオーナー誕生 ハイパーモタード950SP DUCATI
HYPERMOTARD950SP


中島 柊耶 様




ハイパーモタード950SPを愛車に選ばれた中島様。


もともとハイパーモタードのスタンダードモデルを検討されていたのですが、SPの外観や装備内容に魅力を感じ、最終的にはSPに決められました。


これまではスズキのGSX-R600に乗られていて、乗車姿勢等が大きく変わりましたが、どうやらすぐに慣れたよう。


先日開催した極寒ツーリングにもご参加いただき、ハイパーモタードの走りを楽しまれていました。


ハイパーモタードは自由度の高いライディングポジションなどにより、俊敏な動きが得意なバイクです。


一度乗るとハマってしまうライダーも多く、中島様もきっとその虜となることでしょう。


またインプレッションなど聞かせてくださいね!


人生は思い出づくりの連続です。


これから一緒に思い出を作っていきましょう!


 


2020年02月29日

店頭でなくても!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


週末ではありますが…、みなさん在宅モードですかね。


我々のような販売店スタッフは、来客が無いと仕事にならないので、今の世情はツラいものがあります。


だから、来て!




とは言いません(ホントは言いたいですが…笑)。


健康第一、身体が資本です。


ご来店いただかなくても、メールなどで多少のやりとりはできますからね〜。


お見積もり作成やローン試算等ならメールでも承っておりますので、どんどんご活用ください。


当店へのメールでのお問い合わせはこちらから
deep@ducatitomeinagoya.com




なんだか世間的に暗いムードが漂っている気がするので、気分が上がる写真でも載せましょうか!
 

店頭でなくても!

先日の極寒ツーリングにて



 
最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2020年02月29日

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

SUPERSPORT S

モデル年式:2019
走行距離:1483km
価格(支払総額):169万1000円
(車両価格:162万0000円)

車検R4/6 車台番号下3桁 330
※支払総額とは、車両本体価格に法定費用・車検費用(必要な場合のみ)・登録手数料などが含まれた金額です。

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S 外装の取付ビスが目に触れないよう巧みに処理された、流れるようなデザインのスーパースポーツ。

今回ご紹介する車両は、Sバージョンでは日本でしか販売されていないチタン・マッド・グレイのカラーです。

916SENNAを彷彿させる高級感のある艶消しグレイと、鮮やかなレッドのコントラスト。
チョッと不釣合いに思えるこの2色の組合せですが、気品あるデザインとのバランスは、見れば観るほど日本車ではなかなか無い、いかにもヨーロッパ車という雰囲気を纏っています。

ETCとディライトのラジエター・オイルクーラーコアダードガ装着された、中古車ならではのお得なスーパースポーツ。
UP/DOWN双方のクイックシフターや前後オーリンズサスペンション、ABS、DTCも装備されたきれいなスプリンターで、ツーリングに、サーキットに、多彩なシチュエーションで愉しんで下さい。

※当社の試乗車として使用しているため、走行距離が増加する可能性があります。
 ご了承下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当店の販売車輌は、経験豊富なメカニックがDUCATI専用コンピューターのDDS2.0を用いた点検および整備を施し、さらにテストランを行ってから納車いたしますので、価格以上の安心が含まれています。お客様にご納得いただける1台をご提供いたします!


ご興味のある方はお気軽にお問い合せください。



※車両は各店舗を巡回しておりますので、ご来店の際は事前にご連絡をお願いいたします。


<お問い合わせはこちらまで>

ドゥカティ鈴鹿:059-370-552

ドゥカティ東名名古屋:052-703-7101

ディライト奈良:0743-85-4910

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S

【ディライト特選中古車】SUPERSPORT S


2020年02月28日

残念すぎる。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


新型コロナウイルスの影響で、東京モーターサイクルショーと大阪モーターサイクルショーの中止が決定してしまいました。


これは…残念すぎる…。


全国のバイクファンのみなさんも同じ思いでしょう。


命と健康が最優先なので、受け入れるしかないのですが。


ドゥカティでいうと、2020年モデルのパニガーレV4、ブランニューのストリートファイターV4やパニガーレV2が国内で初めて披露される予定でした。


とくにドゥカティ好きではなくとも、「見たい!」と思っていた人は多いのではないでしょうか。


こういったイベントはドゥカティを身近に感じられるチャンスのひとつですし、ここで生まれるニーズもあると思うんです。


そう思うと、“損失感”みたいなものがスゴい…。


他メーカーでも「キタコレ」系モデルが目白押しだったはずなので、いちバイク好きとしては悲しいばかり。


この先どうなるのですかね〜。
 

残念すぎる。
あ、みなさんも健康管理に気をつけてくださいね。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2020年02月27日

闘うV4R、2年目。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


いよいよ明日!


SBK(スーパーバイク世界選手権)が開幕します!


参戦するドゥカティ勢は、


●Aruba.it Racing
●BARNI RACING TEAM
●TEAM GOELEVEN


の3チームで、使う車両は全てパニガーレV4Rです。


V4Rでの参戦は2年目となる今年。


昨年得たデータなどから、マシンのブラッシュアップは進んでいることでしょう。


今年は、去年以上のアツい走りに期待しましょう!
 

闘うV4R、2年目。
最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.