2019年06月07日

DUCATI以外の車両にもお使い下さい。WURTH(ウルト) ドライルブ

DUCATI以外の車両にもお使い下さい。WURTH(ウルト) ドライルブ こんにちは。ディライト奈良の西本です。

皆さんは、ドライブチェーンの潤滑剤はどのようなものをお使いですか?
ディライトでは、メンテナンスの際、WURTH(ウルト:ドイツのメーカーです。)のHHSドライルブを使用しています。

この製品のおススメポイントは
(1)飛び散らない
 速乾性に優れ、スプレー直後にドライ潤滑膜を形成するため、飛び散りません。チェーンまわりが飛び散ったグリスで汚れることがありません。
(2)ほぼ無色
 乾くまではごく薄い黄色ですが乾くと無色になるので、メッキチェーンやカラーチェーンにもお使いいただけます。
(3)汚れない
 厳密には<汚れない>ということはないのですが、ドライタイプで飛び散りもないため埃などが付着しにくく、チェーンまわりをいつもきれいに保つことができます。
(4)しっかり潤滑できる
 スプレー前は結構シャバシャバなので、ローラーの隙間までしっかり浸透します。
(5)ゴム・プラスチック類に優しい
 ゴムやプラスチックを傷めないので、OリングやXリングを用いた高性能ドライブチェーンに最適です。また、チェーンガードやスライダーなど、スプレーの際に付着しても大丈夫です。

DUCATI以外の車両にもお使い下さい。WURTH(ウルト) ドライルブ ウィークポイントは
(1)補給タイミングがわかりにくい
 これは現在この製品を使用されているお客様から必ずお伺いするのですが、無色で、汚れずという状況ですと、事実わかりにくいと思います。
 バイクにお乗りの環境はお客様それぞれでかなりの違いがありますので、距離や期間は一概には言えませんが、雨天走行後は必ず給油をお願いします。砂が混ざった雨水をチェーンやスプロケットは浴びるためです。
(2)購入できるショップが少ない
 ディライト各店で販売中です。ご来店、お待ちしております。

ウルト ドライチェーンルブ
¥2,400(税別)


DUCATI専用品ではありません。チェーンドライブならどのメーカーの車両にもお使いいただけます。
※より詳しい説明は、コチラをご覧下さい。


2019年06月06日

もてぎでドゥカティを応援しましょう!

もてぎでドゥカティを応援しましょう!
こんにちは!ディライトです!


いきなりですがドゥカティファンのみなさん、もてぎでドゥカティチームを応援しませんか。


10月18日(金)~20日(日)に開催されるMotoGP・日本グランプリにて、ドゥカティチーム応援席である「ドゥカティ ビクトリースタンド」が用意されます。


スタンドの位置はなんと、ドゥカティチームのピットのほぼ真向い!


コースを挟むので至近距離というわけではないですが、ピットの様子をうかがうこともできるでしょう。


配布されるサポーターズキット(Tシャツ・キャップ・バッグ・フラッグ)を身に着け、ドゥカティファン一丸となってドゥカティチームにエールを送りましょう!


ドゥカティ鈴鹿/東名名古屋でもチケットを販売しているので、興味のある方はご来店ください!



詳細は以下より↓↓

【DUCATI ビクトリースタンド】
https://www.ducati.com/jp/ja/event/2019ev/grandstand-japan-2019

【MotoGP 日本グランプリ】
https://www.twinring.jp/motogp/


 

もてぎでドゥカティを応援しましょう!


2019年06月06日

ドゥカティオーナー誕生 SCRAMBLER ICON

ドゥカティオーナー誕生 SCRAMBLER ICON DUCATI

SCRAMBLER ICON RED

藤原 様



この度、SCR ICONをご購入いただきました藤原様は

ハーレーからのお乗換えです。

ポーズ、キマってます。

ドゥカティの赤、オシャレで自由なスタイル、

そして軽量な車体を非常に気に入って頂きご成約となりました。

カスタムを出来る楽しさもあり、クラッチカバーをクリアに、

エンジンケースは赤色をチョイスして頂きました。

徐々に改造箇所を増やして、真っ赤にしますと仰っていました笑

弊社のツーリングのご参加もお待ち致しております。

藤原様もぜひ SCR ICON を楽しんでくださいね。

私達もしっかりサポートさせていただきます。


人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!


2019年06月06日

V4用ラジエターコアガード&オイルクーラーコアガード

V4用ラジエターコアガード&オイルクーラーコアガード 上の写真をご覧下さい。
右がラジエターコアガード、左がオイルクーラーコアガードです。
格子の大きさが明らかに違います。

理由は単純。

V4に装着されているラジエターとオイルクーラーで、チューブの上下の間隔が違うからです。

「チューブをしっかり保護しつつ、フィンに風が当たりやすくする」

その目的をクリアしつつ、デザインに一体感を持たせるため、ラジエター、オイルクーラー、
それぞれに最適なデザインとなっています。
他とは違う、ディライト・オリジナルパーツ。
ぜひ、ご検討下さい。
 

Panigale V4用

ラジエターコアガード

対応車種 : V4 / V4S / V4R

定価 26000円(税別)

商品詳細ページ
https://www.delight-suzuka.co.jp/products_detail/415/


 

オイルクーラーコアガード

対応車種 : V4 / V4S / V4R

定価 11000円(税別)

商品詳細ページ
https://www.delight-suzuka.co.jp/products_detail/416/
 


2019年06月04日

<新製品> V4用ラジエターコアガード

<新製品> V4用ラジエターコアガード

プロテクター機能と冷却効果を最大限に生かしたデザイン



コアガードにはジレンマがつきものです。

「冷却効果」
   と
「保護効果」


保護効果を高めようとするとメッシュが細かくなり、ラジエターに風が当たる面積が狭くなってしまいます。

結果、冷却効率を下げてしまいます。

想像できますよね。


特に8耐のような真夏の過酷な条件では、水温が1度違うだけでもマシンに大きな影響を与えかねません。



考えた結果、
  • 守るべき部分をしっかり守る
  • 風を通す部分の妨げを減らす。

という基本的な課題にぶつかりました。

 

<新製品> V4用ラジエターコアガード

シンプルなデザイン


ラジエターコアの構造は、

左右に渡って水が通るライン「チューブ」と、

放熱する波状の「フィン」、

から構成されています。


ラジエターの働きは、

チューブの中にエンジンにて熱せられた水を通し、

チューブの熱をフィンが放熱するという仕組みです。



すなわち、

一番守りたいところは「チューブ」です。

ここが破損してしまうと水が漏れ、走行不能に陥ります。



チューブをしっかり保護し、フィンに風が当たりやすくすると、

このようなシンプルなデザインとなりました。

Simple is best.

 

<新製品> V4用ラジエターコアガード

写真を見ていただきますと、

チューブが菱形の格子によって保護されているため、見えなくなっています。

見えているのはフィンのみ。

これが冷却効率と保護の両立です。

 

<新製品> V4用ラジエターコアガード

イタリアフラッグ


機能だけでなく、見た目にも少しのこだわりを。

コアガード下部にはイタリア国旗をあしらいました。

ここに色が入るだけで、かすかに見える小さなアクセント。

<新製品> V4用ラジエターコアガード

Panigale V4用

ラジエターコアガード


対応車種 : V4 / V4S / V4R

定価 26000円(税別)


商品詳細ページ
https://www.delight-suzuka.co.jp/products_detail/415/









 

<新製品> V4用ラジエターコアガード

オイルクーラーコアガード用と合わせてご使用可能です。


商品詳細ページ
https://www.delight-suzuka.co.jp/products_detail/416/









 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.