2019年06月30日

イタリアの悪魔はいかが?

イタリアの悪魔はいかが? いつもありがとうございます!ドゥカティ東名名古屋です。


今回は「イタリアの悪魔」をご紹介したいと思います。


そう、ディアベル1260です。


「ディアベル(diavel)」はイタリア語で悪魔という意味で、とくにドゥカティの本社があるボローニャ地方で使われる方言だそうです(悪魔を意味する一般的なイタリア語は「ディアボロ(diavolo)」)。


今回登場した新型ディアベルは、根幹を成すコンセプトこそ不変なものの、各部が刷新され、より魅力的なモデルとなっております。



 

イタリアの悪魔はいかが?

イタリアの悪魔はいかが?


まずはルックスの部分から見ていきましょう。


上の画像2つを見てください。


上が最新のディアベルで、下が2015年式ディアベル ダークです。


最新型では、フレームワークやマフラーのパイプの取り回しが変更され、Lツインエンジンの形状がよく映えるデザインとなっています。


また、ラジエターの位置もサイドラジエターから一般的な位置(前輪の後ろ)に変えられていますね。


このように、ひとつひとつ観察すれば、新旧モデル間で異なる点は少なくありません。


結果、雰囲気がやや軽く、シャープなイメージとなっています。


その他、ホイールベースが1580mmから1600mmとなっていたり、フロントフォークのキャスター角が28°から27°へと改変されていたりなど、ディメンションの面でもちょこちょこと変更が加えられています。


総合的には、よりスポーツ志向が強められたような印象です。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


さて、新旧モデルの比較はこのくらいにして、ここからはぜひアピールしておきたい部分を紹介します。


こちらを見てください↓↓

イタリアの悪魔はいかが?


シート幅がびっくりするくらいスリムなんです!


タンクからテールまでのフォルムは、まさに「ボンッ・キュッ・ボンッ」。


ナイスバディな女性のようです(笑)。


このシート幅の細さは、幅の狭いLツインエンジンを搭載しているからこそ成しうるものといえます。


図体はたしかに大きいですが、低いシート高(780mm)とこのスリムさが相まって、足つきは抜群にいいです!


ディアベルはもともと低重心ゆえ直立時の安定性も高く、またがると、二輪二足でがっちりと路面を捕らえている感覚が強いので、安心感がひじょうに大きいです。


 

イタリアの悪魔はいかが? 身長:176cm

※身長が170cm程度あれば、余裕を感じられると思います。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


先ほど、「スポーツ志向が強められている」と書きました。


また、そのマッスルな外観から、身構えてしまう人もいると思います。たしかに、アクセルを開ければ怒涛の加速力を見せつけてくれますし、限界はかなり高いです。


しかしディアベルは、低重心&極太トルクを活かした、流して走るようなクルージングも大得意。


意外なほどにライダーフレンドリーなのです。



一度、当店にて実車をご覧ください。


当店では現在、スタンダードモデルと上級版のSモデルの2台を展示しており、直接見比べることも可能です。


ご来店お待ちしております。



 

イタリアの悪魔はいかが?

イタリアの悪魔はいかが?


2019年06月30日

8耐参戦に関して

鈴鹿8耐参戦に関してのお知らせ


今回の8耐にはルール上の問題によりV4Rで参戦することができなくなりました。
共にV4Rで参戦を目指していたバナーレーシングさんも同様です。

トライアウトまで応援して頂きました皆様に申し訳ない気持ちで一杯です。
ただ、8耐を諦めたわけではありません。
8耐まで残り1か月ですが、マシンを変えて出場する準備を進めております。
引き続きご支援、応援頂けましたら幸いです。

下にFACEBOOKで公表しました弊社社長片岡より皆様へのメッセージを転記いたします。
今後ともよろしくお願い致します。




~以下ディライトFACEBOOKより引用~

 

DUCATIを応援して下さっている皆様に大切なご報告があります。

チームディライト及びバナーレーシングは今年の鈴鹿8時間耐久ロードレース出場に向け早い時期からテストが行える様にDUCATIイタリア本社とDUCATI JAPANの協力の元、発売前のPnigale V4Rでテスト走行を重ね無事8耐出場権を懸けた予選を通過する事が出来ました。

あとは8耐本選に向けてのさらなる準備を進めていく矢先に、本日、大会組織より世界耐久選手権シリーズ最終戦となる鈴鹿8時間耐久レースにPanigale V4Rは出場できないとの連絡が入りました。

簡単に申しますと2018年初旬に決まったレギュレーションに公認車両としてV4Rが存在しないという事です。

我々2チームは急すぎる展開に非常に困惑しております。
あと1ヵ月を切ったこのタイミングで8耐本選に向け別のマシンを準備出来るか正直解らないのですが、何とかDUCATIを鈴鹿8耐の場で走らせる事に全力で取組みますので、引き続き皆様のご声援を頂けましたら幸いです。

バナーレーシング 兼田智浩
チームディライト 片岡誉


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.