2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 SCRAMBLER CAFE RACER

ドゥカティオーナー誕生 SCRAMBLER CAFE RACER DUCATI

SCRAMBLER CAFE RACER

長島 様


この度SCRAMBLER CAFE RACERをご購入いただきました長島様は

SCRAMBLER ICONからのお乗換えです。

スクランブラー愛好家ですね(笑)

発表されてから一目惚れされたとのことで、かなり早い時期からご予約頂いていました。

テルミニョーニのスリップオンが絶妙にマッチしていて、メチャ格好いいです!

さすがイタリアンメーカー 、センスの塊です。

長島さんもぜひSCR CAFE RACERを楽しんでくださいね。

私達もしっかりサポートさせていただきます。


人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!


2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 PANIGALE V4

ドゥカティオーナー誕生 PANIGALE V4

DUCATI

PANIGALE V4

髙木 様


この度PANIGALE V4をご購入いただきました髙木様は初の大型バイクです。


当初は959CORSEをご希望でしたがお見積もりを作っていくうちに、

「この金額ならV4も買えちゃいますね」

と何気なくご提案したのがご成約のきっかけでしたね(笑)

MotoGPマシン・デスモセディチGP直系のモデル PANIGALE V4

髙木さんもぜひV4を楽しんでくださいね。

私達もしっかりサポートさせていただきます。


人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!


2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 899PANIGALE

ドゥカティオーナー誕生 899PANIGALE 899PANIGALE
NSさん


今回899PANIGALEをご購入いただきましたNSさんは、初の大型二輪、初のドゥカティです。
PANIGALEに乗るために、大型二輪免許を取得されました。

「899と959」。
いくつかの相違点は当然ながらあり、どちらが良い悪いというものではないので、多くの方がどちらにしようか迷われます。
NSさんもそのなかの1人でしたが、アッパーカウルの全幅が少し狭い899を選ばれました。
両車の外観、特にアッパーカウルは、一瞬同じように見えますが、上記のように899は少しスリムで、L型ツインエンジンのスリムなところをデザインでも表現しているかのようです。
1199Sの付属品に、ナックルガード部分にプラスして空力特性を向上させるブーメラン型のパーツがあり、899に流用すれば959のカウルに少し近づきます。そうした変化を楽しむことが、899では可能です。

NSさん、この度は誠にありがとうございました。
9月にはサーキット走行会がありますので、899に慣れてきたら、チャレンジしてみてください。
一般道では味わえない、スーパーバイクの本来の姿を感じることができると思います。
そうすることで、普段の操作がより慎重に、安全になっていくはずですから。
私達も精一杯応援させていただきます。

これからも、よろしくお願いいたします。

ディライト奈良 西本


2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 HYPERMOTARD950SP

ドゥカティオーナー誕生 HYPERMOTARD950SP DUCATI

HYPERMOTARD950SP

北角 和巳様


この度HYM950SPをご購入いただきました北角様は1098からの乗り換えです。

最近HYM人気がじわじわ来ています。

何故かというと、SBKシリーズに乗られていた方がポジションがきつくなってきたのでバイクを変えたいという時に候補に入ってきます。

何故かというとSBKシリーズほどパワーはありませんが、スリルがあるからです。

ポジションが楽でスリルがある、それでいて楽しい。

それがHYMの魅力です。

一度乗るとハマってしまうHYM。

北角さんもぜひHYMにハマって楽しんでくださいね。

私達もしっかりサポートさせていただきます。


人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!




 


2019年06月08日

より大きな安心を。 エンジンディフェンダー

より大きな安心を。 エンジンディフェンダー こんばんは。ディライト奈良の西本です。
今回は、以前からラインナップされているディライトパーツのご案内です。


長い間二輪車を楽しまれている方なら、一度は経験されたことがあると思います。

立ちゴケ

心の傷以外にも、ハンドルバーエンドやブレーキ・クラッチレバー、カウル装着車ならそのカウルに、ネイキッドならエンジンカバーに小さなキズが刻まれてしまいます。
それが走行中の出来事なら、そのダメージはより大きくなり、走行不能の事態を招くことがあるかもしれません。
そこで、皆さん。皆さんは教習所では無転倒でしたか?私は幾度となく教習中に転げました。でも、教習車にはしっかり守ってくれる、パイプでできた大きなバンパーが装備されていたので、バイクを起こしてそのまま教習を続けることができました。
しかし、最近ではコンパクトなフレームスライダーが主流となり、パイプのバンパーはビッグオフローダーなど一部の車種にしか見られなくなりました。

フレームスライダーだけでは心配だけど、教習車のようなガッツリバンパーはルックス的にちょっと・・・というニーズに応えるために作成されたのが、このエンジンディフェンダーです。

より大きな安心を。 エンジンディフェンダー

より大きな安心を。 エンジンディフェンダー 写真はMONSTER796に装着したところです。クラッチカバーやジェネレーターカバーの外側をステンレスパイプが通り、転倒時のダメージを軽減してくれます。
フレームスライダーよりも守備範囲が広いので、車両全体への影響も最小限に抑えてくれるでしょう。
 

より大きな安心を。 エンジンディフェンダー

より大きな安心を。 エンジンディフェンダー

より大きな安心を。 エンジンディフェンダー

より大きな安心を。 エンジンディフェンダー MONSTER796以外にも適応機種があります。詳しくはコチラをご確認いただくか、お近くのディライト各店までお問合せ下さい。

エンジンディフェンダー
¥35,000(税別)

※取付工賃が別途必要になります。
※ディフェンダー上方のエンジンマウント部に装着されているフレームスライダーはオプションです。
 エンジンディフェンダーには含まれておりません。
※車両への損傷を完璧に防いでくれるものではありません。


最後に、イチバン大切なのはライダーの安全マインドです。
運転免許証を取得された方なら、必要な運転技術は備わっているはずです。
心には安全マインドを、身体にはダイネーゼを代表とするプロテクション効果の高いアパレルアイテムを、そしてバイクにはディフェンダー、スライダーなどの装備をお勧めします。
 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.