2019年04月21日

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE V4R

いつもありがとうございます!ディライトです。

SBK(スーパーバイク世界選手権)で全戦全勝中のパニガーレV4Rですが、もうすぐ日本でもデリバリーが始まります。

今日のブログはそれに合わせて、パニガーレV4Rに使えるドゥカティ純正&ディライトオリジナルカスタムパーツをいくつかご紹介します。






DUCATI Performance コンフォートライダーシート

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE  V4R )
標準シートよりも密度が高く厚みを増したパディングを採用し、快適性を向上。ライダーの疲労軽減に貢献します。

座面の高さは標準比でプラス20mmとなります。


価格:¥27,220(税別)







ディライト リヤアクスルスライダー

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE  V4R )

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE  V4R )
転倒など、万が一の際にアクスルシャフトが傷つくのを防いでくれます。

工具を使わず、1/4回転回すだけで脱着できるところがポイント。

装着状態でメンテナンススタンド(レーシングスタンド)もかけられます。

アルミ製で高級感も抜群ですね。

価格:¥26,800(税別)








DUCATI Performance ビレットアルミニウム製フィラープラグ

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE  V4R ) V4Rの上品さ・美しさをよりいっそう引き立ててくれるフューエルタンクキャップです。

専用キーが付属し、このキーには防犯性向上のためのタンパリング防止システムも備わっております。

イタリアンメーカー・Rizoma(リゾマ)社との共同開発品。

価格:¥35,700(税別)








ディライト フロントブレーキレバーガード

カスタムパーツ紹介(for PANIGALE  V4R ) 転倒などによるブレーキレバーの損傷を抑えてくれます。

アルミ製で、アルマイト処理がされており、ルックスもグッド。

レースレギュレーションにも対応しております。

価格:¥24,300(税別)



以上、今回は4つのパーツをピックアップしました。

これら以外にもたくさんラインナップがありますので、別の機会にまた紹介させてもらいます。

【参考】
ディライト公式サイト PRODUCTSページ↓↓
https://www.delight-suzuka.co.jp/products/


 


2019年04月06日

V4R用パーツが入荷!

いつもディライトブログをご覧いただきありがとうございます!

ドゥカティ東名名古屋より新パーツ入荷のお知らせです。


ディライトは今夏、V4Rでの8耐参戦を表明しており

現在パーツ製作&テストを日々進めております。

 V4R 用パーツが入荷! 写真はチームディライトTwitterより


8耐に関する情報はこちらで発信しております。

ぜひチェック&フォローくださいませ!

↓↓↓↓↓

チームディライト【鈴鹿8耐限定アカウント】




そして今回、

車両の入荷に先駆けて!

V4R専用パーツが入荷いたしました。

こちら!

 V4R 用パーツが入荷!
ドゥカティパフォーマンス製
97381131AA
¥24,180- (税別)


V4R 乾式クラッチ採用の仕様に合わせて

DP製のアルミ削りだしカバーが登場です。

ブラックアルマイト&複雑で美しい造形&さりげないドゥカティロゴ。

V4R入荷をお待ちの皆様、

ぜひこちらもウィッシュリストに加えられてはいかがでしょうか!?




他にも、ツーリング向けDP製アイテムも入荷しましたので

別の記事でご紹介します^^



明日、日曜も一日天気よさそうです○

春を感じながらプチツーリング&ぜひ当店へもお立ち寄りくださいませ。

ピレリタイヤキャンペーン(4/20まで)や、V4S展示車もございます^^

みなさまのご来店お待ちしております。



ドゥカティ東名名古屋

インスタグラム やっております◎

ここにだけアップする写真やプチ情報もあるかも?ですので

ぜひフォローください!

 


2019年03月23日

マシン作製

マシン作製 マシン作製(フューエルタンク)

2019/3/22 23:10

7月末の鈴鹿8耐まで4ヶ月、PANIGALE V4R の耐久レース仕様への変更作業が急ピッチで進められています。

現在はフューエルタンク容量アップの作業。
ノーマル状態でも緻密な構造のV4用に、いかにライデングを妨げることのない大容量のフューエルタンクを作製するか、相応の試行錯誤が必要です。

しかし、レースまでの時間は限られています。

4ヵ月後のゴールに向かって、今何ができるのか。
レースメカニックは、常に考え、アイデアを形にし、テストを重ね、準備を進めています。
 

マシン作製

マシン作製 レースの世界では、レーシングライダーにスポットライトが当てられますが、
レースメカニックは、レースのない時も、常にゴールに向かって考え行動しています。
かなりタフでないと、この仕事は務まりません。
また、ライダーとメカニックだけではチームは成り立たず、他にも大勢のスタッフのチカラがあって
はじめて運営することができます。

マシンの仕様やレースに注目が集りやすいですが、そこに至るまでの過程を知ってしまうと、応援せずにはいられません。

 

マシン作製 ※皆様の応援、大変心強く感謝致します。
 申し訳ございませんが、深夜のご来店はお控えいただきますようよろしくお願い致します。


2019年03月16日

2019 8耐参戦に関して

2019 8耐参戦に関して 2019年 鈴鹿8時間耐久レース参戦に関して


2017年にPanigaleRで参戦し、1年のブランクを開けて今年改めて8耐に参戦いたします。

前回はあとわずかのところで転倒し、修理も間に合いなんとかゴールすることができました。

今年はその雪辱をリベンジいたします。



マシンは「DUCATI Panigale V4R」です。

現在8耐に向けてマシンやパーツを開発・作製しています。



ライダーは2017年と同じメンバーです。

奥田 貴哉 選手
森 繁生 選手
片岡 誉(ディライト代表取締役)

以上3名で挑みます。



現在、決まっている走行スケジュールは、

3/31  スポーツ走行 鈴鹿サーキット
4/20・21 鈴鹿2&4(レース)

鈴鹿2&4は8耐にエントリーができるかどうかが決まるレースです。
決められた順位以上でゴールできなければエントリーができなくなります。
もし2&4で失敗しても、もう一度チャンスはあります。
チャンスは2度だけです。
とにかくここで成績を残さないと8耐に出場できませんので緊張の一戦です。



8耐に関する情報はFBやツイッターで今後更新します。
フォロー、登録をよろしくお願いいたします。

twitter  https://twitter.com/Team_delight_8h

facebook https://www.facebook.com/delight.JSB/


皆様応援よろしくお願いいたします。

 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.