2019年08月14日

やっぱりスゴいね。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


今日ドゥカティに関するある本を読んでいて、こう思いました。


V4Rって、やっぱりスゴい…」




その本にはドゥカティのレース史のようなことも載っていて、そのなかに、2006年のMotoGPを戦ったデスモセディチGP6のことが書いてありました。


GP6は、1万6500rpmで235馬力を出力するバイクだったらしいです。


235馬力。


これと似たような数字、最近どこかで見た気がします。


確か、パニガーレV4Rにアクラポヴィッチ製のレーシングマフラーを付けると234馬力/1万5500rpmだったような。


234馬力…。








ほぼ一緒やんけ!




つまりV4Rは、10年ちょい前のMotoGPマシンと同等のパワーを発揮するということです。


そして今ではそれを一般のライダーが普通に買い、公道を走れます。


スゴい時代です。


ロリス・カピロッシもビックリでしょう。




「10〜15年前にタイムスリップして、当時のMotoGPにV4Rが出場したら、そこそこイケるんじゃないか…」




なんて思いました。


V4R、恐るべしです。


そんなパニガーレV4Rですが、ドゥカティ東名名古屋でも扱っていますので、ご興味のある方はご相談ください。


店頭に車両もありますよ。




最後は宣伝っぽくなりましたが、V4Rの次元の高さに改めて驚かされた1日でした。


では、今日はこのへんで。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 

やっぱりスゴいね。

やっぱりスゴいね。

↑パニガーレV4R(上)とデスモセディチ GP6(下)


 


2019年08月10日

ドゥカティオーナー誕生

ドゥカティオーナー誕生 PANIGALE V4R
鈴木雅宣 様


この度PANIGALE V4Rをご購入いただきました鈴木様は、久しぶりにバイクのある生活に復帰されたリターン・ライダーさんです。

サーキットでの走りに特化されたV4R。その研ぎ澄まされたものだけが放つオーラは、本物を見極める眼をもつ人の心を大きく動かすのでしょう。
ピンポイントでセッティングをするフルアジャスタブルの前後オーリンズ・サスペンション、2人乗りは想定されていない車体、エンジンオイルの撹拌抵抗が激減する乾式クラッチ。そして、剛性値が最適化された「R」専用のアルミフレーム。
その装備の意味を知れば知るほど、単に特別なだけでなく、「速く走るため」に的を絞った、ストイックな魅力が感じられます。

鈴木様、数あるドゥカティのショップからディライト奈良をお選びいただき、誠にありまとうございました。
そして、お誕生日おめでとうございます。納車が間に合い、よかったです。
お子様の成長とともに、末永く、ドゥカティライフをお楽しみ下さい。
私達も全力でバックアップしていきますので、どうぞよろしくお願い致します。


2019年08月09日

#61 レースダイジェスト【その9】

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


今日の8耐ダイジェストは、奥田選手のラストスティントです。


18時55分、観客のサイリウムや観覧車のネオンがまばゆく光るなか、奥田選手がコースインしていきました。


このスティントが最後。


あと30分です。


しかし、チェッカーフラッグが振られるまで気を抜けません。


奥田選手も、完走を目指して、攻めながらも丁寧に周回します。




177周目から走り始め、189周目に至るまでに2つ順位を上げました。


そして、191周目に入った頃、時計の針が19時30分を指します。


レース終了。




61号車は、リタイヤすることなく最後まで生き残りました。


8時間完走です。




順位こそ下から数えた方が早い位置ですが、8時間走りきりました。


急ごしらえのパニガーレRが、炎天下での全開走行を8時間続けても不機嫌にならなかったというのは、ある種想定外のこと。


ライダー3名に賛辞を送るのは当然ですが、マシンを超短期間でキッチリ仕上げたメカニックに対しても、尊敬の念を抱かずにはいられません。


ライダー、メカニック、その他ピットクルーのみなさま、本当におめでとうございます。


チームディライトの結束力が引き寄せた結果だと思います。


今年はレース前からゴタゴタがたくさんありましたが、決して悪くはない最後を迎えることができたのではないでしょうか。


2気筒パニガーレ、有終の美を飾れたと言っていいでしょう。




来年は、来年こそは、パニガーレV4Rでチャレンジします。


V4Rに期待されていた方々、来年までお時間をください。


来年の8耐は、V4Rでブチかまします。


応援ありがとうございました。


来年もまた、よろしくお願いします。


Arrivederci.


 

#61 レースダイジェスト【その9】




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.