2019年11月29日

残り僅かの数量限定商品

こんばんは。ディライト奈良の西本です。

今回ご紹介するのは、かなりピンポイントな製品です。

2010年~2014年のムルティストラーダ1200シリーズにお乗りで、テルミニョー二のフルエキゾーストキットを装着されている方にはぜひとも取り付けて頂きたいパーツです。

残り僅かの数量限定商品 タンデムステップを必要としない方なら、このサイレンサーステーに交換していただければ

とてもレーシーに、見た目にも軽量になります。

このパーツ、ディライト在庫数があと僅か「3」

無くなればワンオフで作製という手段もありますが、かなり高額になるはず・・・。

一応ムルティストラーダ・テルミフルエキ用ではありますが、取付穴の位置さえ合致すれば、

他の車両に流用してみるのもいいのではと思います。

残り僅かの数量限定商品

残り僅かの数量限定商品 モノポストサイレンサーステー MTS1200

硬派な一人乗り仕様にするために


品番 DEP127S

カラー シルバー

適合車種・年式 ムルティストラーダ1200シリーズ 2010~2014年式

価格 ¥25,000(税抜)

※テルミニョーニフルエキゾースト用
※アルミ削出し、アルマイト仕上げ
※ノーマルマフラーには対応していません。
※数量限定商品


2019年11月07日

さらに安全に  コンバインドブレーキシステム

こんばんは。ディライト奈良の西本です。

安心・安全な走行に不可欠なABS(アンチ・ロック・ブレーキ)システム。

最新のABSシステムはただ単にホイールがロックしないようにしているだけではなく、前後のブレーキ力が連動して最適化される『コンバインド・ブレーキ・システム』になっています。

2019年以降のムルティストラーダ950や1260は6軸慣性測定ユニット(IMU)によって車体の姿勢が緻密に感知されるようになり、コーナリング中でも前後のブレーキ力のバランスを最適化しています。

さらに、走るシチュエーションによって、そこで用いられるライディングテクニックも異なるため、3通りのABS介入レベルが用意されています。
 

さらに安全に  コンバインドブレーキシステム エンデューロ走行ではリアタイヤをロックさせてドリフトさせたりすることが多いため、ABS機能はフロントのみ適用されます(レベル1)。

スポーツ走行ではハードなブレーキングによるリアタイヤの浮き上がりが想定されるため、リアホイールのリフトアップ検出機能は無効となり、前後の制動バランスは最適化、コーナリングABSは機能します(レベル2)。

アーバンおよびツーリングでは安全性が最大に確保されるよう、コーナリングABSとリアホイールのリフトアップ検出機能は有効となり、前後のブレーキバランスもより最適化されます(レベル3)。

 

さらに安全に  コンバインドブレーキシステム バイクの機能がライディングをきめ細かにカバーしてくれるので、より安全性が高まってきました。

しかし、基本にあるのはライダーの適切な操作であり、無茶をしないマインドです。

電子制御の間違った認識は、危険な走行につながっていきます。

バイクの安全性能、そして自分自身を過信しないよう、安全運転を心掛けてください。

 


2019年11月02日

軽さ+安定感 ムルティストラーダのフロントホイール

こんばんは。ディライト奈良の(ムルティ)西本です。

ムルティストラーダのフロントホイール径には、1260シリーズの17インチと950シリーズおよび1260エンデューロの19インチの2種類があります。

皆さんは不思議に思われたことはありませんか?

軽さ+安定感 ムルティストラーダのフロントホイール バイクはバランスの乗り物ですので一部分だけを見てすべてがわかるものではありませんが、フロントホイールにフォーカスを絞ってみたとき、車両全体は「こんな感じかなぁ~」って雰囲気は掴んでもらえると思います。

ひとつの例を挙げてみます。

丸い部分の直径が異なる2つのコマがあります。
直径の大きなコマの方が、安定して回転しますよね。

おおまかに言えば、フロントホイールもこれと同じです。

実際には前後タイヤの幅やフロントフォークの傾き(キャスター角)など、様々な要素が絡んでバランスするので単純ではありませんが、ホイール径の大きな車両は安定性を狙っています。

砂地や未舗装路など、道の状態が不安定なところを走る場合は、安定したハンドリングが求められます。

アスファルトの上を走る場合が大半なら、より軽快な方が長時間のライディングでも疲れにくいでしょう。

軽さ+安定感 ムルティストラーダのフロントホイール ベース車両に重量感があるなら、軽快なハンドリングを狙ってフロントホイールは小径に、

軽量な車体なら、しっとりと安定したコーナリングを求めて大径に。

1260の車両重量は232kg、950は227kg。

安定感のある車両なら軽いハンドリング、軽快な車両なら安定したハンドリング。

そう考えると、1260のエンデューロは254kgの車両重量に19インチ・フロントホイール。
ダンプカーのようなどっしり感を想像してしまいます。

しかしこれは、容量30ℓの燃料タンクを満タンにしたときの不安定さを緩和させるためと、やはり山間部などの未舗装路を走破するときの安定性を求めてのことと思います。

軽さ+安定感 ムルティストラーダのフロントホイール

軽さ+安定感 ムルティストラーダのフロントホイール ちなみに、スクランブラーのフロントホイールはシリーズのほとんどが18インチですが、CAFE RACERは17インチ、DESERT SLEDは19インチです。

こんなところからも、車両の特徴の一端を想像していただけたらと思います。




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.