2019年06月17日

試乗レポート SCRAMBLER1100SPECIAL

試乗レポート SCRAMBLER1100SPECIAL いつもありがとうございます。ディライト奈良の西本です。

皆さんは、SCRAMBLER1100にどのような印象をお持ちですか?
「SCRAMBLERの800版を大きくしただけでしょ。」
「シンプルさがウリのSCRAMBLERに、1100のような装備はいらないでしょう?」
そんな声ばかりが聞こえてくるのですが、このSCRAMBLER1100、乗ってみて初めてわかるオモシロさがあります。

 

試乗レポート SCRAMBLER1100SPECIAL ディライトでは、全車慣らし運転を済ませて摺動部分にアタリがついた、本来の性能をご確認いただける試乗車をご用意しています。
SCRAMBLER1100SPECIALについては、慣らし運転を500kmほど私が行いましたが、そのとき、実際に感じたことをお伝えしていきます。

 

試乗レポート SCRAMBLER1100SPECIAL イチバンのおすすめは、“エンジンの鼓動感”です。
レーシングシーンでの勝利を糧に発展を遂げてきたドゥカティは、エンジンにもその過程が感じられ、高回転域でキビキビとしたオモシロさを発揮するものが多いですが、SCRAMBLER1100のエンジンは、最大トルクの9.0kg-mを4,750rpmという低い回転で発揮。慣らし運転中は5,000rpm以上回さないよう注意しましたが、そのときすでに力強い粘りを感じ取ることができました。
4,000~6,000rpmの回転域はよく使用するところ。そこでドコドコドコという“鼓動”が心地よく感じられるのです。この“鼓動感”は、800、400と排気量が小さくなるにしたがって、より回転域が高く、軽快になっていきます。
低い回転域でも走ってくれるマシンは、長距離・長時間乗り続けていても疲れにくく、「走ること」そのものをとても楽しいイベントにしてくれます。
このようなエンジンの個性を表現できるのは、1,079ccという排気量の成せる業でしょう。

 

試乗レポート SCRAMBLER1100SPECIAL ハンドリングは、のんびりした走り方がピッタリくる大きな安心感があります。
これだけだと、違う見方をすれば重くてなかなか曲ってくれないように聞こえますが、フィーリングは軽く、重いという感じはありません。おそらく、18インチのフロントホイールのサイズが効いているのでしょう。抽象的ではありますが、「安心感」という表現がいちばん近いように思います。

 

試乗レポート SCRAMBLER1100SPECIAL 装備では「アクティブ」「ジャーニー」「シティ」の3つのライディングモード。
これがあると、長旅の楽しさが全く違ってきます。
「アクティブ」モードを選択すると、86psのパワーがフルに発揮され、スロットルレスポンスがダイレクトになって、のんびりムードはどこかへ飛んでいってしまいます。ここはドゥカティの本領発揮、サーキットを思いっきり走ってみたくなりました。
「ジャーニー」モードを選択すると、86psのエンジンパワーは発揮されますがスロットルレスポンスはやや穏やかになり、元気なSCRAMBLERといった感じになります。
「シティ」モードを選択すると、エンジンパワーは75psに抑えられ、スロットルレスポンスもさらに穏やかなものに変化します。の~んびり走りたいときは、このモードがピッタリでしょう。
慣らし運転中、すべてのモードで走ってみましたが、スロットルレスポンスの良さがおもしろく、ついついスピードを出し過ぎてしまう「アクティブ」は少しの距離だけで、大部分は「ジャーニー」と「シティ」を切り替えながら楽しんでいました。

 

試乗レポート SCRAMBLER1100SPECIAL よく走るエンジンには、よく効くブレーキ。
SCRAMBLER1100のフロントブレーキは、ブレンボのダブルディスクにラジアルマウントのモノブロックキャリパー。エンジンパワーに見合った装備で、当然不満を感じることはありませんでした。
ちなみに、慣性プラットフォームが搭載されたSCRAMBLER1100にはコーナリングABSが備えられ、あらゆる状況下での安全性が高められています。

800版を大きくしただけではない、よりグレードアップした愉しみを提供するために必要なものが備わった、それがSCRAMBLER1100です。

 

試乗レポート SCRAMBLER1100SPECIAL そんなSCRAMBLER1100SPECIALの程度極上の中古車を、ディライト奈良にて展示しています。
新車同様の車両に、ETC2.0、グリップヒーター装備で、とてもお買得です。
SCRAMBLER1100SPECIALを少しでもお得に購入したい方は、お早目にご連絡下さい。
詳しくは、コチラをご確認下さい。

試乗車は、6月17日現在ドゥカティ鈴鹿にあります。
中古車は残念ながらお乗りいただくことはできませんので、試乗をご希望の方はご一報をお願い致します。


2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 SCRAMBLER CAFE RACER

DUCATI

SCRAMBLER CAFE RACER

長島 様


この度SCRAMBLER CAFE RACERをご購入いただきました長島様は

SCRAMBLER ICONからのお乗換えです。

スクランブラー愛好家ですね(笑)

発表されてから一目惚れされたとのことで、かなり早い時期からご予約頂いていました。

テルミニョーニのスリップオンが絶妙にマッチしていて、メチャ格好いいです!

さすがイタリアンメーカー 、センスの塊です。

長島さんもぜひSCR CAFE RACERを楽しんでくださいね。

私達もしっかりサポートさせていただきます。


人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!


2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 PANIGALE V4

 ドゥカティ オーナー誕生 PANIGALE V4

DUCATI

PANIGALE V4

髙木 様


この度PANIGALE V4をご購入いただきました髙木様は初の大型バイクです。


当初は959CORSEをご希望でしたがお見積もりを作っていくうちに、

「この金額ならV4も買えちゃいますね」

と何気なくご提案したのがご成約のきっかけでしたね(笑)

MotoGPマシン・デスモセディチGP直系のモデル PANIGALE V4

髙木さんもぜひV4を楽しんでくださいね。

私達もしっかりサポートさせていただきます。


人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!


2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 899PANIGALE

 ドゥカティ オーナー誕生 899PANIGALE 899PANIGALE
NSさん


今回899PANIGALEをご購入いただきましたNSさんは、初の大型二輪、初のドゥカティです。
PANIGALEに乗るために、大型二輪免許を取得されました。

「899と959」。
いくつかの相違点は当然ながらあり、どちらが良い悪いというものではないので、多くの方がどちらにしようか迷われます。
NSさんもそのなかの1人でしたが、アッパーカウルの全幅が少し狭い899を選ばれました。
両車の外観、特にアッパーカウルは、一瞬同じように見えますが、上記のように899は少しスリムで、L型ツインエンジンのスリムなところをデザインでも表現しているかのようです。
1199Sの付属品に、ナックルガード部分にプラスして空力特性を向上させるブーメラン型のパーツがあり、899に流用すれば959のカウルに少し近づきます。そうした変化を楽しむことが、899では可能です。

NSさん、この度は誠にありがとうございました。
9月にはサーキット走行会がありますので、899に慣れてきたら、チャレンジしてみてください。
一般道では味わえない、スーパーバイクの本来の姿を感じることができると思います。
そうすることで、普段の操作がより慎重に、安全になっていくはずですから。
私達も精一杯応援させていただきます。

これからも、よろしくお願いいたします。

ディライト奈良 西本


2019年06月09日

ドゥカティオーナー誕生 HYPERMOTARD950SP

 ドゥカティ オーナー誕生 HYPERMOTARD950SP DUCATI

HYPERMOTARD950SP

北角 和巳様


この度HYM950SPをご購入いただきました北角様は1098からの乗り換えです。

最近HYM人気がじわじわ来ています。

何故かというと、SBKシリーズに乗られていた方がポジションがきつくなってきたのでバイクを変えたいという時に候補に入ってきます。

何故かというとSBKシリーズほどパワーはありませんが、スリルがあるからです。

ポジションが楽でスリルがある、それでいて楽しい。

それがHYMの魅力です。

一度乗るとハマってしまうHYM。

北角さんもぜひHYMにハマって楽しんでくださいね。

私達もしっかりサポートさせていただきます。


人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!




 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.