2019年09月30日

ジョニー、おめでとう!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


スーパーバイク世界選手権(SBK)のフランスラウンドが開催されました。


このラウンドで、KRT(カワサキレーシングチーム)のJ・レイが年間チャンピオンを獲得。


5年連続でワールドチャンピオンとなりました。


Congratulations!ジョニー!


ちなみにSBKで5年連続チャンピオンを獲得したライダーは、いまだかつていないそうです。


とてつもなく強いライダーですね、ジョニー。


それまでも勝ち続けてきて、そうであっても現状に甘んじることなく、さらに上を目指す姿勢は、男として見習わなければ。


ZX-10Rのセールスもウナギ登りなんだろうな〜(笑)。




ドゥカティ勢は、今回は奮わずでした。


A・バウティスタはスーパーポールレースで5位、レース2ではリタイヤに終わっています。


C・デイビスは両レースとも4位でした。


今年はバウさんが開幕から11連勝の快進撃を見せ、「バウさんとV4R、参戦初年チャンピオンあるんちゃう?」と思いましたが、現実はなかなか厳しかったですね。


やはりジョニーが強すぎます。


しかし、レースにおけるデータがほとんど無いV4Rでここまで戦えたことは、賞賛に値すべきことだと思いますし、V4Rのスポーツバイクとしてのポテンシャルはもう十分に世界中へアピールできたことでしょう。


SBKも残すところあと2戦。


チャンピオンの夢は潰えましたが、残りのレースではドゥカティ勢に勝ってほしいですね!




では、今回はここまで。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 

ジョニー、おめでとう!

ジョニー、おめでとう!


2019年09月22日

ドゥカティ勢が健闘!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


MotoGPのアラゴンラウンドが今日開催されました。


今回のレースでは、ドゥカティ勢が健闘!


2位にドヴィツィオーゾ、3位にドゥカティ・サテライトのジャック・ミラーが入りました!


今回もホンダのマルケスを撃墜することはできませんでしたが、デスモセディチGPの成績としてはかなり上々。


とくにドヴィツィオーゾは10番手スタートだったものの、デスモセディチGPの強みであるストレートスピードを活かして、2位まで駆け上がってきました。


ミラーも、2番手3番手の位置でライバルと熱戦を繰り広げ、見事3位の座を勝ち取りました。


2人のたくましい走りに、ただただ拍手です(パチパチ)。
 

ドゥカティ勢が健闘!
次の戦いは10月4日から始まるタイラウンド。


次戦もドゥカティ勢のアツい走りに期待しましょう!


では、今日はここまで。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.
​​​


【お知らせ】
明日、あさって(23・24日)は定休日となります。


 

ドゥカティ勢が健闘!


2019年09月16日

次戦に期待!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


MotoGPサンマリノGP、ドゥカティ勢は奮わずでした。


ドヴィツィオーゾは6位、ペトルッチは10位、そしてワイルドカード参戦のピッロはリタイヤとなりました。


この3人にとって、今回のレースはなかなか難しかったよう。


ただ、今回のレースでペトルッチはポイントランキング3位に復活しました!


現在のポイントランキングは、首位マルケス(ホンダ)、2位ドヴィさん、3位ペトさんとなっています。


マルケスの勢いはとどまるところを知りませんが、ドヴィさんとペトさんにはもっともっとデスモセディチGPでブチかましてほしいですね!


次戦に期待しましょう!

 

次戦に期待!
以上、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 

次戦に期待!




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.