2019年11月29日

ドゥカティワークス!?

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


ビッグニュースが入ってきました!


なんと、ドゥカティが世界耐久選手権(EWC)にマニュファクチャラーとして参戦することを表明したそうです!


EWCに古くから参戦しているチームERCエンデュランスと手を組み、ドゥカティが車両(パニガーレV4R)をはじめワークスレベルのサポートを提供する形で実現したとのこと。


いつから参戦を始めるのかというと、約2週間後のセパン8時間耐久レースから(すぐやん!)。


そして順当にパートナーシップが続けば、EWC最終戦の鈴鹿8耐も走るでしょう。


これは、ワクワクが止まりませんね!


純粋なワークスチームではないにせよ、それに近い水準のドゥカティ系チームが鈴鹿に来るわけですから。


来年の鈴鹿8耐で話題になること間違いなし(確信)。




ただ、ひとつ心配事が。


チームディライトの影が薄くなっちゃうんじゃ…。





いや、そんなことはない!


#61のV4Rもブチかましますよ!




近年、鈴鹿8耐は直4エンジン車の独壇場となっています。


今年の8耐も、2気筒車はチームディライトのパニガーレRのみでした。


V4Rは4気筒なので2気筒車ではなくなりますが、V型エンジンでどこまで行けるか、直4勢を喰えるか、期待が膨らみます。


(某ニュースサイトにアップされているチームERCエンデュランスのV4Rの画像をここでも載せたいのですが、著作権的にアレっぽいのでやめておきます)


以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.

 


2019年11月18日

2019シーズン閉幕。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


昨日、MotoGPの2019年ラストラウンドとなるバレンシアラウンドが開かれました。


ドゥカティチームのA・ドヴィツィオーゾは4位、D・ペトルッチはリタイヤという結果となりましたが、ドゥカティのサテライトチームに所属するJ・ミラーは3位表彰台を獲得しました。


1位はホンダのマルケス。


もう無敵状態ですね。


ここ数年、MotoGPはマルケス、SBKはレイが絶対王者という構図になっています。


そろそろ、この展開を覆さなければなりません。


来年、デスモセディチGPとV4Rの飛躍を祈りましょう!
 

2019シーズン閉幕。
 

2019シーズン閉幕。


追記:ホルヘ、お疲れ様でした!
 

2019シーズン閉幕。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2019年11月03日

最終戦まで突っ走れ!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


今日行われたMotoGP・マレーシアラウンドにて、ドゥカティのA・ドヴィツィオーゾが3位表彰台を獲得しました!


ドヴィツィオーゾは10番グリッドからスタートした後、次々とライバルをパスし、先頭集団で熱戦を繰り広げました。


プッシュしつつも安定した走りで、見事3位でチェッカー。


ドヴィツィオーゾはレース後に「今までのセパンのレースの中で、今日が最も速く走れた」と話しており、満足している様子。


テッペンこそ獲れなかったものの、納得のいくレースができたようです。


チームメイトのD・ペトルッチは9位でフィニッシュ。


なかなか調子が上がってきませんが、次の最終戦ではぜひその実力を見せつけてほしいですね!

 

最終戦まで突っ走れ!
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.
 

最終戦まで突っ走れ!




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.