2019年07月30日

#61 レースダイジェスト【その1】

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


鈴鹿8耐でのチームディライトのレースダイジェストを、何回かに分けて紹介していきます。


今回は、スタートから最初のピットインまでです。


チームディライトは全64グリッド中54番グリッドからのスタートでした。


スタートライダーは奥田選手です。


奥田選手は見事なスタートダッシュを決め、1周目からどんどんライバルたちをパスし、2周目を迎える段階で45位までポジションアップしました。


その後もジリジリとライバルをオーバーテイクし、42〜40位をキープ。


22周目には37位、23周目は33位、そして24周目を終えた段階で31位までポジションを上げました。


ここでライダー交代となり、奥田選手の第1スティントは終了。


スタートから24周で20台以上を追い抜きました。


ちなみにチームディライトのベストラップは2分15秒121でしたが、これは奥田選手が6周目に出したもの。


さすが奥田選手!という感じですね。


チームとしては幸先のいいスタートを切れたように思います。

 

#61 レースダイジェスト【その1】

次回は、奥田選手から代わった片岡選手のダイジェストです。



Arrivederci.


 


2019年07月29日

2019鈴鹿8耐 完走!

こんばんわ。ディライト奈良の西本です。

2019年 鈴鹿8時間耐久オートバイレースが終りました。

2019鈴鹿8耐 完走! さすが、プロレーサー!奥田貴哉選手

2019鈴鹿8耐 完走! 今回参加選手中最年長!片岡 誉選手

2019鈴鹿8耐 完走! どの写真も明るい表情(後ろ姿までも)!の森 繁生選手

特に今年はレース前から色々なことがあり、レース中も、そしてエンディングも波乱の連続。
多くの8耐関係者にとって、大変な数ヶ月だったと思います。

#61 最終結果
pos:46th
laps:191
speed avg:124.77km/h
best lap: 2:15.121

本当に、おつかれさまでした。
そして、感動をありがとう

皆様のご声援が、私達の活動の原動力となりました。

本当に、ありがとうございました。

今後、ライダーをはじめスタッフ達が直接2019年の8耐について皆様にお伝えする機会がセッティングされると思いますので、お楽しみに。




 


2019年07月28日

つわものどもが、夢の跡。

つわものどもが、夢の跡。 Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


チームディライト、無事鈴鹿8耐完走を果たしました!!!


ライダーさん、ピットクルーの方々、そしてサポーターの方々、おめでとうございます!!!


約1ヶ月という超短期間で耐久レーサー(パニガーレR)を仕上げたことは、本当に驚異的なことだと思います。


関わる全ての人が一致団結し、同じ目標に向かってともに真剣勝負する姿には、心を打たれました。


また、チームディライトだけでなく、今回出場した全チームおよびライダーさん達の懸命な走りに、こみ上げるものもありました。


身体だけでなく、ハートで汗をかいて一心に上位を目指す。


私の心が高ぶったのは、彼らにハートの汗を感じたからだと思います。


「8耐は単なるレースではなく、学びの場でもある。」


毎年思うことです。


今回も、いろいろなことを学ばせてもらいました。


今日鈴鹿サーキットで教わったことを、自分の糧としていきます。


以上、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 

つわものどもが、夢の跡。


2019年06月30日

8耐参戦に関して

鈴鹿8耐参戦に関してのお知らせ


今回の8耐にはルール上の問題によりV4Rで参戦することができなくなりました。
共にV4Rで参戦を目指していたバナーレーシングさんも同様です。

トライアウトまで応援して頂きました皆様に申し訳ない気持ちで一杯です。
ただ、8耐を諦めたわけではありません。
8耐まで残り1か月ですが、マシンを変えて出場する準備を進めております。
引き続きご支援、応援頂けましたら幸いです。

下にFACEBOOKで公表しました弊社社長片岡より皆様へのメッセージを転記いたします。
今後ともよろしくお願い致します。




~以下ディライトFACEBOOKより引用~

 

DUCATIを応援して下さっている皆様に大切なご報告があります。

チームディライト及びバナーレーシングは今年の鈴鹿8時間耐久ロードレース出場に向け早い時期からテストが行える様にDUCATIイタリア本社とDUCATI JAPANの協力の元、発売前のPnigale V4Rでテスト走行を重ね無事8耐出場権を懸けた予選を通過する事が出来ました。

あとは8耐本選に向けてのさらなる準備を進めていく矢先に、本日、大会組織より世界耐久選手権シリーズ最終戦となる鈴鹿8時間耐久レースにPanigale V4Rは出場できないとの連絡が入りました。

簡単に申しますと2018年初旬に決まったレギュレーションに公認車両としてV4Rが存在しないという事です。

我々2チームは急すぎる展開に非常に困惑しております。
あと1ヵ月を切ったこのタイミングで8耐本選に向け別のマシンを準備出来るか正直解らないのですが、何とかDUCATIを鈴鹿8耐の場で走らせる事に全力で取組みますので、引き続き皆様のご声援を頂けましたら幸いです。

バナーレーシング 兼田智浩
チームディライト 片岡誉


 


2019年06月13日

8耐へのキップ、獲得!

こんにちは!ディライトです!


梅雨シーズンですが、今日はいい天気ですね。


さて、ご存知の方もいるかもしれませんが、この度、チームディライトの鈴鹿8耐出場が決定しました!


先日開催された鈴鹿サンデーロード―レース・8耐トライアウトにて、パニガーレV4Rを駆る奥田貴哉選手が見事優勝を果たし、8耐の参戦権を獲得することができました。


国内レースでの実績やデータがほぼ皆無のV4Rで(しかもウェットコンディションのなか、)優勝できたというのは、まさに賞賛に値することなのではないでしょうか。

 

8耐へのキップ、獲得!

このチケットは、ライダーやピットクルーだけでなく、応援して下さるお客様の全員で勝ち取ったものです。


ディライトを支え、応援してくださっているみなさま、本当にありがとうございます!


チームディライトは今年の夏も、鈴鹿で完全燃焼します!


引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします!

 

8耐へのキップ、獲得!




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.