2019年02月28日

SUPERSPORT Sに乗りました!

SUPERSPORT Sに乗りました! いつもありがとうございます!ドゥカティ東名名古屋です。


今日は、2月からドゥカティ東名名古屋のスタッフの一員となった根岸(ネギシ)が記事を書こうと思います。

 

去る2月25日、ディライトグループ全体で「極寒ツーリング」を開催したのですが、その際私はスーパースポーツのSモデル(上の写真の車両)に乗りました。なので今回は、スーパースポーツSに1日乗った感想をご紹介します。

 

またがってみてまず感じたのは、ハンドル位置が絶妙であるということ。いちおうセパレートハンドルではあるのですが、グリップの高さはモンスターなどのモデルと同等で、手を伸ばすと上体がほんの少し前傾する程度の位置に設定されています。シート高とのバランスも良好で、窮屈さはまったくなく「これは快適にツーリングできるな」と思いました。初めて乗るバイクだったので少し身構えていたのですが、一瞬にして緊張感は解け、早く走りたいというワクワク感が湧きあがってきました。

 

走り出してみると、エンジンは低回転域からしっかりとトルクがあり、ストレスフリーな乗車姿勢と相まって、低速域での扱いやすさはスーパーバイク系モデルより格段に上だといえるでしょう。

 

高速道路では、カウルとウインドスクリーンがそのポテンシャルを発揮。上腕から肩にかけて適度に走行風が当たる程度で、うまく風をいなしてくれているという印象を受けました。また、低回転域で頼もしかったエンジンですが、追い越しや合流などの際にアクセルを多めに開けると、パワフルな加速力を発揮。中高回転域ではLツインエンジンの本領発揮というか、「これぞドゥカティ」と思わせるフィーリングを提供してくれます。ただ、パワフルではあってもピーキーな感じは一切なく、アクセル操作に忠実で、回転上昇もフラットなので、臆することなくアクセルを開けられました。

 

ワインディングにおいては(今回はゆったり走った程度なのですが)、ニュートラルなハンドリングで、目線をコーナーの先へ向けるだけでスッと旋回することができました。初めて乗ったバイクなのに、違和感なくコーナーを駆け抜けられたことに、チョット感動。ただし、流す程度の走り方だと、サスペンションがあまり動かず、バイクの挙動を感じづらいかもしれません。この辺りは、ドゥカティらしくより高い速度域で走ることを想定して設計されているということだと思います。とはいっても、スーパースポーツSには前後共にフルアジャスタブルのサスペンション(オーリンズ製)が採用されているので、セッティングをもっとソフトにすれば問題ないでしょう。

 

今回は街中、高速道路、ワインディングと走りましたが、どのシチュエーションでも快走でき、またがった時に感じた「快適だろうな」という予感は見事当たったといえます。ただ、単に快適一辺倒ということではなく、ワインディングにおける旋回性のリニアリティの高さには驚かされました・・・(笑)。正直ワインディングでは、もう少しペースを上げて走ってみたかったな~という感じもあります。

 

今回はツーリングでの使用でしたが、Sモデルではオーリンズのショックが付いていたりするので、もしまた機会があれば、次はサーキットを走ってスポーティな一面も覗いてみたいですね。

 

SUPERSPORT Sに乗りました! スーパースポーツのハンドルは、セパレートタイプ。しかしグリップ部分はトップブリッジより上に配置されているので、楽な姿勢をとることができる

SUPERSPORT Sに乗りました! Sモデルでは、オーリンズ製のフロントフォーク/リヤショックを採用。フルアジャスタブルなので、好みやシチュエーションに応じてセッティング可能だ



-------------------------------------------------------------------
こちらの車両、ただ今(3月1日現在)販売中です。
グーバイクにて掲載中

スーパースポーツ用ディライトオリジナルパーツもございますので、こちらもぜひご覧ください。
ディライトオリジナルパーツ(SUPERSPORT用)

電話やメールでのお問い合わせも可能です。
お気軽にご連絡ください。

 


2019年02月24日

2019 ディライト極寒ツーリング 開催します

告知が遅くなって大変スミマセン。

明日(2/25)の「2019 ディライト極寒ツーリング」は、

予定通り開催します!

昨日までの降水確率が高かったので心配しましたが、お天気は晴れに向かっているようです。

今日も2月としてはすごく暖かい一日でしたが、バイクで走ると意外にヒンヤリするものです。

防寒対策をお願いします。



では、明日皆様とご一緒できるのを楽しみにしています。

 


2019年02月22日

極寒ツーリング 2019 ルート変更のお知らせなど

2019 極寒ツーリングのルートを変更いたします。

距離が少し長くなりますが、時間もほとんど変わらず、曲るポイントは少なくなるので、
走り易いルートになっています。


<安濃SA~鳥羽展望台>



<鳥羽展望台~昼食場所>

ナビなどに設定されていた方、ゴメンナサイ。
変更をお願いします。

費用について
昼食代 ¥3,240(税込)になります。
ちょうどの金額をご用意いただけると助かります。ご協力をお願いします。
(複数でご参加いただく方は、人数分を合計していただいても構いません。)
※別途ガソリン代、高速料金が必要です。


雨天時の中止について
前日(2/24) 17:00 の天気予報の降水確率が40%以上の場合、中止と致します。
開催・中止については2/24 18:00頃にこのBLOGにてお知らせします。

皆様のご参加、お待ちしております!


2019年02月08日

極寒ツーリング 2019 ルートのご案内

2/25(月)の極寒ツーリングのルートが決まりましたのでお知らせ致します。
 

安濃SA(下り)を出発し、ディライト極寒ツーリングでは欠かせない場所「鳥羽展望台」で休憩します。

休憩場所:鳥羽展望台 10:30 到着  11:30出発


 

そして、今回の昼食処、「伊勢 大阪屋」様へ向かいます。

昼食場所:「伊勢 大阪屋」様  12:30 到着

昼食終了後、現地で解散とさせていただきます。
この後、伊勢神宮へゆっくりお参りしていただけるのではと思います。

おいしそうなものばかりなのでメニューはまだ確定していませんが、おおよそお一人3000円とお考え下さい。

安濃SAから「伊勢 大阪屋」様までの距離は約128kmです。
「伊勢 大阪屋」様の近くにガソリンスタンドがありますので、安濃SAで満タン状態にしていただきますようお願い致します。

昼食の都合上人数を把握するため、ディライトグループ各店まで事前に参加連絡をお願いします。
その際、集合場所を確認させていただきます。
集合場所・時間はこちらをご覧下さい。

皆様と一緒に過ごすひとときを、楽しみにしています。
 


2019年02月07日

極寒ツーリング 2019 集合場所・時間について

 極寒 ツーリング 2019 集合場所・時間について 今年の極寒ツーリングについて、現在決まっていることをお知らせします。


第1集合場所:名阪針TRS  7:30 集合  7:50 出発

第2集合場所:御在所SA(下り)  7:45 集合  8:00 出発

第3集合場所:安濃SA(下り)  8:40 集合  9:20 出発



昼食は海鮮を予定しています。

既に参加を決めてくださっている方、ありがとうございます。
昼食の都合上人数を把握するため、ディライトグループ各店まで事前に参加連絡をお願いします。
その際、集合場所を確認させていただきます。

ルートや昼食場所は、順次お知らせいたします。

皆様のご参加、お待ちしております。

 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.