2021年08月22日

ソロツーリング【夏の恒例行事になりそうです】

ソロツーリング【夏の恒例行事になりそうです】

『天然鮎の塩焼き』
絶品でした!

 

こんにちは。ディライト奈良の西本です。
今回は、8月初めに楽しんできましたツーリングについてのレポートです。

目的地は兵庫県の作用町。
「かきおこ(牡蠣のお好み焼き)」で有名な作用町ですが、梅雨が明けると休耕田で栽培されている向日葵が大輪の花を咲かせ、町内の至るところでひまわり畑を観賞できることでも知られています。

以前、8月末のディライトツーリングで鮎の塩焼きをいただいたことがありました(その時の様子はこちら)。
関西でもどこか美味しい鮎が食べられる処はないかと探していて、この作用町の「うまら休憩所」を見つけ、おととしの夏に行ったのが最初です。

山陽自動車道山崎ICから約15km、30分もかかりません。
県道72号線から{GAMAKATU}のノボリを目印に西へ入っていくと、うまら休憩所に到着します。

まずは事前に電話をして予約を。
(天然の鮎なので、捕れないときもあるそうです。)

この休憩所のそばを流れる千種川ではうなぎも捕れるようで、運が良ければ天然鰻も食べる事ができます。
今までは残念ながら鰻を食べる事ができませんでしたが、今年は「捕れてるよ。」とのこと。
ラッキー!!
即予約しました。

予約の際に予定時刻も伝えておくと、到着してすぐに食事ができます。

そして当日、美味しくいただいたのが下の写真の「うなぎ丼」。
天然ならではの引き締まった身はいつまでも旨味が続き、食べ応え満点です。

ソロツーリング【夏の恒例行事になりそうです】 もちろん「鮎の塩焼き」もいっしょにいただき、ほんっとお腹いっぱいになりました。

ソロツーリング【夏の恒例行事になりそうです】


 

ソロツーリング【夏の恒例行事になりそうです】 休憩所のご主人様と奥様。
食事のあいだも終わってからも、いろいろお話していただき、楽しい時間を過ごすことができました。
その日一番おいしかったのは、この会話かもしれません。


食事を終え、約2km北上したところにある「作用町南光ひまわり館」へ。
し・か・し下調べが甘く、ひまわり館は定休日。
 

ソロツーリング【夏の恒例行事になりそうです】 駐車場で休憩し、今度は県道72号線→53号線を南下してひまわり畑へ向いました。

ソロツーリング【夏の恒例行事になりそうです】 6kmほど走ると、左側の畑一面にひまわりの花が。
作用町内には数箇所のひまわり畑がありますが、それぞれ異なる種類のひまわりなので花の見頃が異なるようです。

ソロツーリング【夏の恒例行事になりそうです】 写真は漆野地区のひまわり畑の様子です。
天候によりますが、7月中旬~下旬がちょうどいい見頃と思います。

来年も、ひまわり畑、天然鮎の塩焼き、そしてうまら休憩所のご主人様ご夫婦との会話を楽しみに、初夏の作用町を訪れたくなりました。

「うまら休憩所」へ行かれる方は、必ず事前に電話連絡をお願いします。


2021年08月21日

ドゥカティオーナー誕生 959PANIGALE

ドゥカティオーナー誕生  959 PANIGALE 959PANIGALE
I 様


この度959PANIGALEをご購入いただきましたI様は、DIAVEL CABONからのお乗り換えです。

DIAVELに乗り始められたのは約1年前。
その間ディライトのサーキット走行会にご参加いただき、よりスピードを楽しめるマシンということで、スーパーバイクのなかでも扱いやすい959をチョイスされました。

959PANIGALEは899PANIGALEのマイナーチェンジモデル。
外観の少変更とともに、エンジンの排気量がアップされました。
しかし、その方法は一般的なボア(シリンダー内径)アップではなく、ピストンが上下する間隔を長くとるストロークアップによるもの。
この方法は高回転域でのパワーアップではなく、一般的によく使用される低~中回転域でのトルクの増強が図られます。
899のボア×ストロークが100×57.2(mm)に対し、959は100×60.8(mm)。
これはクランクシャフトが全くの別物となりコストがかかりますが、扱い易さを優先させたDUCATIの意図が伝わってきます。
ちなみに、現行モデルのV2も959と同じボア×ストロークです。

I様、いつもありがとうございます。
若かったあの頃を懐かしみながら、PANIGALEと共に《スピード感》をお楽しみください。

私達も全力で応援させていただきます。

今後もよろしくお願い致します。


2021年07月17日

ソロツーリング【滝が見たい(2)】

ソロツーリング【滝が見たい(2)】

スノーパーク洞川周辺の山腹から見た景色
 
こんばんは。ディライト奈良の西本です。

ソロツーリング【滝が見たい(1)】の続き)

洞川温泉街で昼食をとりながら地図を眺め
「そういや近くに奈良県唯一(たぶん)のスキー場があったなぁ。シーズンオフってどないなってんねんやろ?」
ということで、冬場は絶対バイクで行くことができないスノーパーク洞川へ向かいました。

ソロツーリング【滝が見たい(2)】 この時期のゲレンデには広々とした斜面に草が生い茂り、奈良県とは思えない景色。
スキー客で賑わう冬場とは違い、とても静かでまったりとしたひと時でした。

当然ゲレンデには進入せず、周辺の道を少し走ったあと、一旦来た道を戻りました。

次に立ち寄ったところは、県道21号線沿いにある母公堂(ハハコドウ 詳しくはコチラ)。

ソロツーリング【滝が見たい(2)】 ここから先は標高1400mを越える大天井ヶ岳付近を通る舗装林道へと続きますが、休憩途中にポツポツと雨が降り始めたため、急いで帰路につきました。

しばらくして雨は止みましたが、予報ではいつ降り出してもおかしくなかったのでそのまま奈良方面へ、県道48号線を北上。
黒滝村役場を過ぎ、地蔵トンネルに差しかかる手前で左へ延びる細い道を発見。

≪ちょっとまわり道して帰ろっ。≫

天気予報のことはすっかり忘れ、トンネルには入らずに左折し、その上の地蔵峠を通るルートを進みました。

地蔵峠手前に、今度は右へ延びる道が。
本能の赴くまま右折してしまいました。

そのまま一本道を進むと朱色の立派な鳥居が立つ神社があり、その先は車両が進入できそうになかったので、そこで休憩することにしました。

ソロツーリング【滝が見たい(2)】

ソロツーリング【滝が見たい(2)】 その御社は「鳥住春日神社」というところで、近年まで独特のもちつきが行われていたようですが、説明の最後が過去形で締めくくられているところから察すると、今は何もなされずひっそりと佇んでいるだけのようでした。

このまま祭事が行われることなく寂しく衰退していくのでしょうか。
山奥を走ると、このような神社仏閣が意外に多く存在していることに気付かされます。

ソロツーリング【滝が見たい(2)】 ほどなく日差しがあるのに雨がしっかり降り始めたため、結局雨宿り。
40分ほど経ったころ雨が止んだので、今度こそ寄り道せずにまっすぐ帰りました。


とりとめのないツーリングレポートを最後までご覧いただき、ありがとうございました。(終わり)


2021年03月13日

【Favorite Moto Festa】にてDUCATI & DAINESEアパレルセール!!

【Favorite Moto Festa】にてDUCATI & DAINESEアパレルセール!!
開催概要


【日時】2021年3月21日(日)9:00~16:00 ※雨天決行

【会場】幸田サーキットyrp桐山

【住所】〒444-0126 愛知県額田郡幸田町大字桐山字立岩1-100

【入場料】一般1,000円(詳細は入場料・駐車料金欄をご確認ください)

【主催】FMF実行委員会



<<入場料>>

一般・・・1,000円

女性・・・500円

学生(20歳~)・・・500円(学生証無: 1,000円)

学生(~19歳)・・・無料(学生証無: 500円)

中学生/小学生/幼児・・・無料

身障者(+介助者1名)・・・無料



<<駐車料金>>

2輪・・・無料

4輪・・・1,000円

大型車(4tクラス)・・・2,000円


※4輪・大型車駐車スペースには限りがあります。

【Favorite Moto Festa】にてDUCATI & DAINESEアパレルセール!! 「幸田サーキットyrp桐山」にて開催されるバイクイベント【Favorite Moto Festa】

ディライトからも出展させて頂きまして“DUCATI & DAINESEアパレルセール”を行います。

ライディングジャケットやキャップ・Tシャツに小物など、
イベント限定30~50%OFF!!



新型コロナウイルスの影響もあり久々なバイクイベントです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。










「幸田サーキット」へのルートはこちらをご覧ください↓

【Favorite Moto Festa】へのリンクはコチラ


2021年01月05日

ドゥカティオーナー誕生 DIAVEL1260S

ドゥカティオーナー誕生 DIAVEL1260S DUCATI

DIAVEL1260S

Y・Kさん


このたびDIAVEL1260Sをご購入されたKさんは959PANIGALEからの乗り換えです。

その前はDIAVEL1200にも乗られていました。

やはり、DIAVELは一度乗ってしまうと、その性能に魅了されてしまいます。

ポジションが楽でありながら、ワインディングもスイスイ走ります。

見た目からは想像できませんが、車体も軽量です。

そして以前のDIAVEL1200に比べ、パワーもトルクも増えていますので新しい機種に乗っているような感覚になるのです。

ドゥカティは常に進化しているから面白い。

Kさんも新たなDIAVELでドゥカティライフを楽しんでくださいね。

私達もしっかりとサポートさせていただきます。




人生は思い出づくりの連続です。

一緒に思い出を作っていきましょう!




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.