2020年06月18日

HYPERMOTARD950 RVE ニューモデル発表

HYPERMOTARD950 RVE ニューモデル発表 ドゥカティがニューモデルを発表



昨日、ドゥカティジャパンより2021モデルとしてニューモデルが発表されました。

HYPERMOTARD950 RVE



こちらの車種は日本向けの車両は「受注生産」となります。

現在のところ価格や入荷時期は未定です。


大まかなところはわかっているのですが、確定ではないのでここでは書くことができません。
気になる方は弊社までお問い合わせください。


確実に手に入れるためには、

6月28日までにご注文いただければほぼ間違いなく入手は可能です。
それ以降のご注文となりますと、ご希望に添えなくなる可能性が高くなります。



とは言え、現時点でここで価格等は公表できませんので弊社までお問い合わせください。

ドゥカティ東名名古屋
052-703-7101
deep@ducatitomeinagoya.com

ドゥカティ鈴鹿
059-370-5528
deep@ducatisuzuka.com




 

HYPERMOTARD950 RVE ニューモデル発表 この車両は、現行モデルである

HYPERMOTARD950

がベースとなっています。



追加装備として、

ドゥカティ・クイックシフター UP&DOWN

が標準装備されています。



あとは、カラーリングや専用カラーのシートとなっています。

このデザインカッコいいですよね。

ハイパーのイメージにピッタリです。

HYPERMOTARD950 RVE ニューモデル発表 ハイパーモタードの魅力はデザインだけではありません。

多機能性能

です。



ドゥカティのPVでもあるように、

サーキットでも性能を発揮

します。



私もハイパーモタードに乗っていますが、サーキットでも楽しいのは体感済みです。

ポジションの自由さ

扱いやすいパワー感

機敏な旋回

どれを取ってもサーキット向きです。

乗りたくなりませんか?



車両の詳細はこちらのドゥカティジャパンサイトをご覧ください
https://www.ducati.com/jp/ja/bikes/hypermotard/hypermotard-950



 


2020年03月06日

DUCATIの電単車。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


いや〜、最新の『超跑』乗りたいですね〜。


ドゥカティといえば『超跑』みたいなところありますからね〜。


え?


『超跑』って何かって?


コレですよコレ!
 

DUCATIの電単車。
スーパーバイク!


中国ではドゥカティのSBKのことを『超跑』と表記します。


(直訳だとスーパーカーという意味らしい)


『超』はなんとなく『スーパー』というイメージもありますが、『跑』は日本では馴染みが薄く、文字からのイメージが湧きづらいですね。


ただ、日本語としても『跑』の字はあって、読み方は「だく」。


小走りという意の『跑足(だくあし)』という熟語などで用います。




ちなみに他のモデルの中国語表記は、


魔鬼=ディアベル

怪兽=モンスター

骇客=ハイパーモタード


などなど。


ついでに書くとドゥカティは『杜卡迪』と表記します。


『杜卡迪』は音に合わせた当て字っぽいですが、まぁ日本人がこの中国語を見たところでドゥカティだとは思えないでしょう。


今はコロナのアレでアレですが、もし中国旅行する機会があれば杜卡迪ディーラーにも立ち寄ってみてください!
 

DUCATIの電単車。
最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2020年02月29日

ドゥカティオーナー誕生 ハイパーモタード950SP

ドゥカティオーナー誕生  ハイパーモタード 950SP DUCATI
HYPERMOTARD950SP


中島 柊耶 様




ハイパーモタード950SPを愛車に選ばれた中島様。


もともとハイパーモタードのスタンダードモデルを検討されていたのですが、SPの外観や装備内容に魅力を感じ、最終的にはSPに決められました。


これまではスズキのGSX-R600に乗られていて、乗車姿勢等が大きく変わりましたが、どうやらすぐに慣れたよう。


先日開催した極寒ツーリングにもご参加いただき、ハイパーモタードの走りを楽しまれていました。


ハイパーモタードは自由度の高いライディングポジションなどにより、俊敏な動きが得意なバイクです。


一度乗るとハマってしまうライダーも多く、中島様もきっとその虜となることでしょう。


またインプレッションなど聞かせてくださいね!


人生は思い出づくりの連続です。


これから一緒に思い出を作っていきましょう!


 


2019年10月30日

ドゥカティオーナー誕生 モンスター796

ドゥカティオーナー誕生 モンスター796 DUCATI
MONSTER796


H・K 様




モンスター796のオーナーとなられたK様は、過去にはハイパーモタードやパニガーレを所有していたこともあるドゥカティファン。


一度国産の直4スポーツバイクに乗り換えられたのですが、やはりドゥカティの味が恋しくなり、ドゥカティへリターンすることとなりました。


モンスター796を選ばれたのは、以前乗っていたモンスター696が面白いバイクだったからだそう。


796と696は同世代のモデルなので、また当時の感覚が蘇ってくると思います!


リスタートしたドゥカティライフ、思いっきり楽しんでくださいね!


人生は思い出づくりの連続です。


これから一緒に思い出を作っていきましょう!



 


2019年08月25日

楽しい時間。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


本日、とうもろこしツーリングを開催しました!


天気は快晴!


当日の未明までは雨が降ったり止んだりでしたが、参加者全員が集まる朝8時前にはきれいな青空が広がりました。


今回の参加台数は約30台。車種もSBK、モンスター、スクランブラーにハイパーモタードなど、いろいろなドゥカティが集合。


ドゥカティばかりがこれだけ集う光景は、他であまり見られないような気がします。


 

楽しい時間。
8時、出発。


「高原の味みはらし」を目指して、国道153号をひたすら北上します。


標高が上がるにつれ、空気もどんどん冷涼に。


やっぱり今のシーズンは、標高の高い場所へ行くのがベストですね。


途中休憩を挟みつつ走り、10時頃にみはらしへ到着。


焼きとうもろこしを買い、スタッフも含め全員で頬張りました。


私的食レポをさせてもらうと、ジューシーでした。


噛むと、とうもろこしの水分でしょうか、果物で言うところの果汁のようなものが染み出してきて、少し驚きました。


「とうもろこしにジューシーってあるんや」と思いました。


とうもろこしを堪能した後は、来た道を引き返します。


 

楽しい時間。

第2目的地の「おいでんやな」は、矢作川沿いの観光スポット。


アユのつかみ取りや川遊びなどを楽しむことができる場所です。


今日は日曜日、また夏休みの期間ということもあってか、小・中学生の子どもたちがたくさん来ていました。


アユの塩焼きは、外はサクッと中はホクホクで、こちらも美味しく頂きました。

 

楽しい時間。
おいでんやなで少し長めの休憩を取った後、最後の目的地である「どどめきの里」へ向かいます。


どどめきの里に着いたのが13時頃。時間帯的にも少し暑かったですね。


ここでは香ばしい味噌が特徴の五平餅を頂きました。


平べったい串に刺さった餅はかなりボリューミー。


食べ応え満点です。


味噌の味も、餅によくマッチしていて、とても美味しかったです。

 

楽しい時間。

どどめきの里を発ち、予定どおり13時半頃、解散場所の西広瀬PAへ帰参。


転倒等のトラブルもなく、無事にツーリングを終えることができました。

 

楽しい時間。
ご参加くださったみなさん、いかがでしたか。


私は傍目に、コミュニケーションが絶えなかった1日だったと感じました。


行く先々で、みなさんがお互いにいろいろな話をされていて、新規の方も常連さんも、交流が深まったのではないかと思います。


イベントはいいですね。


一緒に楽しい時間を共有するというのは、ポジティブな感情を生む最高の方策だと思います。


今回ツーリングに同行させていただいて、もっとこういう「コト作り」をしていきたいなと実感しました。


今日は1日、本当にありがとうございました!


10月にもツーリングイベントを開催する予定ですので、ぜひ来てくださいね!


また一緒に楽しい時間をシェアしましょう!

 

楽しい時間。

今日はここまで。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


当日の様子をもっと見たい!という方はこちらから。


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.