2020年04月02日

メカタ比べ

こんばんは。ディライト奈良の西本です。

先日、ドゥカティの現行モデルの最高出力についてお話しましたが、

今度は重量についてです。

その前に、重量に関するデータには「乾燥重量」と「車両重量」があります。

・乾燥重量
バッテリー、油脂類、冷却水(水冷モデルの場合)を除く重量

・車両重量
動作に必要な全ての液体類を装備し、燃料タンクを満タンにした状態の重量

今回は、乾燥重量を比べてみました。


★SuperLeggera V4:159kg
Scrambler Sixty2:167kg
PANIGALE V4R:172kg
Scrambler Icon:173kg
PANIGALE V4S:174kg
PANIGALE V4:175kg
Monster797:175kg
PANIGALE V2:176kg
Hypermotard950SP:176kg
StreetFighter V4S:178kg
Hypermotard950:178kg
StreetFighter V4:180kg
Monster821:180kg
Supersport S:184kg
Monster1200S:185kg
Monster1200:187kg
Scrambler1100:189kg
※ここからは200kg超
Multistrada950:204kg
Multistrada Pikes Peak:206kg
Multistrada950S:207kg
Multistrada1200:209kg
Multistrada1200S:212kg
Diavel1260/1260S:218kg
XDiavel/S:220kg
Multistrada1260Enduro:225kg


MultistradaファミリーとDiavelファミリーは200kg超ですが、
しかしそれ以外は200kg以下という、軽量車ぞろいなのがわかります。

やはり、超絶なのはSUPERLEGGERA V4。
SCRAMBLER Sixty2より軽い車体に、224ps(Sixty2は40ps)の出力。
想像を絶しています。

StreetFighter V4とMonster821が同じ180kg。
Monster821の車体に208psのエンジンの組合せがStreetFighter V4 と考えると、
ワクワクしてきます。

メカタ比べ


2020年04月02日

掌で広がる“The Land of Joy”。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


小洒落た1冊、店頭にて配布中です!
 

掌で広がる“The Land of Joy”。
スクランブラーのミニパンフレット!


てのひらサイズで、ページ数もさほど多くはないですが、中には“The Land of Joy”の世界観がギッシリ詰まっています。


ページをめくる度に、「スクランブラー、面白そう!乗りたい!」と思わせてくれます。


読みごたえアリ!ですよ。




個人的に好きなページがこちら↓↓
 

掌で広がる“The Land of Joy”。
デザートスレッドの紹介トビラ画。


このページを開いた瞬間、「こういうのしたい!」と思ってしまいました(オフ好きなんですごめんなさい)。


いや〜、またオフ車買わなアカンな。(何の話




ご来店いただいた方、無料で差し上げますので、もしよかったら持って帰ってください。


(ついでにスクランブラーも2台くらい買ってってくださいね)




最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2020年04月01日

差し上げます!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


今月18日より始まる『Newパニガーレデビューフェア』に先立って、小ぶりなパンフレットが入荷しました!

 

差し上げます!
写真、特徴紹介、そして簡単なスペックが掲載されています。


数に限りはありますが、店頭にてご用意しておりますので、ご興味ある方は当店まで足を運んでいただければ差し上げます!




ここ最近天気があまり良くなかったですが、明日からまた青空が戻ってきそうですね!


週末、また遊びに来てください!


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.