2020年04月04日

【ディライト特選中古車】SPORT1000S

SPORT1000SSPORT 1000S
モデル年式:2007
走行距離:6800km
価格(支払総額):1,660,000円 (車両本体価格:1,590,000円)
 
ETC取付費用を含みます。車検 R2/10月まで 車台番号下3桁619
※支払総額とは、車両本体価格に法定費用・車検費用(必要な場合のみ)・登録手数料などが含まれた金額です。

【ディライト特選中古車】SPORT1000S 一見するとクラシックバイクのように見えるスポーツクラッシックシリーズ。

モデルイヤーは2006年から2010年までの5年間のみ製造されていた、期間限定シリーズです。

そのなかで、ロケットカウルを装備しつつタンデムランも可能なのは、このSPORT1000Sだけになります。

このSPORT1000Sは2007年式、フューエルインジェクション仕様で、始動はスターターボタンを一回押すだけ。

エンジンがかかるまで自動でセルモーターを回し続けてくれるセルフ・サーボ機構なので、とても便利です。
(設定された時間内でエンジンが始動しない場合、モーターは停止します。)

懐かしいルックス、タンデムランも可能とソフトな印象ですが、実はかなりスパルタン。

低いハンドルに前後に長い燃料タンクの形状のため、強い前傾姿勢を強いられます。

それがまた、60年~70年代のレーサーをイメージさせ、クラシックな雰囲気を演出してくれています。

走行も6800kmと少なめ。これからまだまだ永くお楽しみいただける車両です。



※現在、販売価格を設定中です。購入ご希望の方は、ディライト各店までご連絡下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当店の販売車輌は、経験豊富なメカニックがDUCATI専用コンピューターのDDS2.0を用いた点検および整備を施し、さらにテストランを行ってから納車いたしますので、価格以上の安心が含まれています。お客様にご納得いただける1台をご提供いたします!

ご興味のある方はお気軽にお問い合せください。



※車両は各店舗を巡回しておりますので、ご来店の際は事前にご連絡をお願いいたします。

<お問い合わせはこちらまで>

ドゥカティ鈴鹿:059-370-5528

ドゥカティ東名名古屋:052-703-7101

ディライト奈良:0743-85-4910

【ディライト特選中古車】SPORT1000S

【ディライト特選中古車】SPORT1000S

【ディライト特選中古車】SPORT1000S

【ディライト特選中古車】SPORT1000S

【ディライト特選中古車】SPORT1000S

【ディライト特選中古車】SPORT1000S

【ディライト特選中古車】SPORT1000S


2020年04月03日

タカサ比べ

こんばんは。ディライト奈良の西本です。


ご好評をいただいている(であろう)比較ネタ。

バイクの各部寸法のなかで、様々な部分のタカサ(高さ)がありますが、

今回は「シート高」に注目します。

※個人的に、シート高は低いほうがありがたいので、
2段階式のものは低い方で比較しました。


★ XDiavel/S:755mm
Diavel1260/S:780mm
Monster821:785mm(810mm)
Monster1200/S:795mm(820mm)
Monster797:805mm
Supersport S:810mm
Multistrada1260/S:825mm(845mm)
PANIGALE V4R:830mm
SuperLeggera:835mm
PANIGALE V4/V4S:835mm
PANIGALE V2:840mm
Multistrada950/S:840mm
StreetFighter V4/V4S:845mm
Multistrada1260Enduro:860mm
Hypermotard950:870mm
Hypermotard950SP:890mm


最低値と最高値の車種は想像できましたが、
その差がなんと135mm

同じ二輪車でも用途が違えばこんなに違いがあるのかと、あらためて驚きました。

実際に跨ったときの足着きの良し悪しについては、シート形状や足元の幅が関係してきますので、気になる車両に実際に跨ってみることをお勧めします。

そのうえで足着きに不安がある場合、様々な改善方法がありますのでご相談下さい。
(足着きの改善には限界があります。ご希望に添えない場合もありますのでご了承下さい。)

タカサ比べ


2020年04月03日

ストリートでも恩恵があるはず。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


SNSを見ていると、全国各地のドゥカティディーラーさんが続々と新型パニガーレV4やパニガーレV2の情報をアップしていますね〜。


当店も、NEWパニガーレがようやく揃いました!




というわけで、今日は新型パニガーレV4の話。


2020年モデルのV4は、サスペンション系統が見直されています。


フロントフォークは、突き出し量を4mmプラス。


リヤショックについては、全長を2mm縮め、リンクロッドも5mm短いものへと換装されました。


加えて、フロントフォークもリヤショックもスプリングレート(バネ定数、いわゆる「硬さ」)を下げ、プリロード(初期荷重、いわゆる「もともとのバネの縮み具合」)は大きくする方向へリセッティング。


こうした変更により、とくに旋回時における車体コントロールのしやすさが向上しています。


この変化を公道で体感できるかどうかはわかりませんが、しなやかになったフレームも相まって、よりライダーにとってフレンドリーになっていることは間違いないでしょう。
 

ストリートでも恩恵があるはず。
ドゥカティの魂が詰まった1台、パニガーレV4。


ご予約されている方、購入検討中の方、ちょっと興味がある方、ぜひ実車を当店にてご覧ください。
 

ストリートでも恩恵があるはず。
最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.