2022年01月22日

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S

X DIAVEL-S 

モデル年式:2016
走行距離:2270km
価格(支払総額):255万0000円
(車体価格:242万4000円)

車検2年付 車台番号下3桁 262
※支払総額とは、車両本体価格に法定費用・車検費用(必要な場合のみ)・登録手数料などが含まれた金額です。

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S “ロースピード・エキサイトメント”

ハイ・スピードが売りのドゥカティのなかで、スローなペースで走るほうが絵になるXディアベル。
それは、決して退屈な走りではありません。

コーナリングABS+DTC(ドゥカティ・トラクション・コントロール)のDSP(ドゥカティ・セーフティ・パック)、DLP(ドゥカティ・パワー・ローンチ)、クルーズコントロール、ハンズフリー・システム、3.5インチTFTカラー液晶ディスプレイ、バックライト付ハンドルスイッチ、ウインカーオートキャンセル機能など、多くのエレクトロニクス・パッケージが搭載されたテクノ・クルーザー。安全・快適なライディングを演出します。

さらにETCも取付済みで、お得な内容になっています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当店の販売車輌は、経験豊富なメカニックがDUCATI専用コンピューターのDDS2.0を用いた点検および整備を施し、さらにテストランを行ってから納車いたしますので、価格以上の安心が含まれています。お客様にご納得いただける1台をご提供いたします!

ご興味のある方はお気軽にお問い合せください。


※車両は各店舗を巡回しておりますので、ご来店の際は事前にご連絡をお願いいたします。


<お問い合わせはこちらまで>

ドゥカティ鈴鹿:059-370-5528

ドゥカティ東名名古屋:0568-68-7101

ディライト奈良:0743-85-4910

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S

【ディライト特選中古車】XDIAVEL-S


2022年01月22日

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

SCRAMBLER1100 SPECIAL

モデル年式:2018
走行距離:1773km
価格(支払総額):169万9000円(車体価格:166万6300円)

ETC・グリップヒーター付属
  車台番号下3桁 209
※支払総額とは、車両本体価格に法定費用・車検費用(必要な場合のみ)・登録手数料などが含まれた金額です。

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル 大型免許で乗ることが出来るモーターサイクルに、“フレンドリー”をプラスして大きく支持を得たSCRAMBLER。

そのSCRAMBLERファミリーのなかでイチバン大きな排気量を誇るのが「1100」です。

ただ単純に排気量を大きくしただけではなく、DUCATIの空冷エンジンで初めて3つのライディングモードを備えた車両です。

走ること自体が楽しければそれに費やす時間も長くなり、様々なシチュエーションの中で走る機会が出てきます。

キビキビとスポーティーに走りたいワインディング。

疲れを気にせず、遠くへ、遠くへ。

街の雑踏のなかをスマートに。

「ACTIVE」「JOURNEY」「CITY」のライディングモードを上手に選択することができれば、SCRAMBLER1100はより身近に、そして走ることがますます楽しくなってきます。

また、この<SPECIAL>は、所有する喜びも深められたモデル。

クロームメッキのエキゾーストパイプには流れる景色が写り込み、満足感に充たされます。

ブラシ仕上げのスイングアームやスポークホイールも、<SPECIAL>だけの装備。

特別な時間を、特別なバイクで。

すぐそばに、特別なSCRAMBLERはあります。

※この車両のエンジン音を動画でご覧いただけます。↓↓
https://youtu.be/_aCEWwmj2HU

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


当店の販売車輌は、経験豊富なメカニックがDUCATI専用コンピューターのDDS2.0を用いた点検および整備を施し、さらにテストランを行ってから納車いたしますので、価格以上の安心が含まれています。お客様にご納得いただける1台をご提供いたします!


ご興味のある方はお気軽にお問い合せください。



※車両は各店舗を巡回しておりますので、ご来店の際は事前にご連絡をお願いいたします。


<お問い合わせはこちらまで>
ドゥカティ鈴鹿:059-370-5528

ドゥカティ東名名古屋:0568-68-7101

ディライト奈良:0743-85-4910


 

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル

【ディライト特選中古車】スクランブラー1100スペシャル


2022年01月21日

今年は一緒に走りましょう! 2022極寒ツーリング

今年は一緒に走りましょう! 2022極寒ツーリング 皆さ~ん、お待たせしております。

今年も恒例、極寒ツーリングの季節がやって参りましたょ。


ドゥカティ鈴鹿、ドゥカティ東名名古屋、ディライト奈良、ダイネーゼプロショップ名古屋の4店合同ツーリングです。

昨年は開催を見送りましたが、今年は計画を進めています。

一昨年は祝日ということもあり、な、な、なんと過去最大の82台の皆様にご参加いただきました。

ありがとうございます。

開催側としても、大変やりがいを感じております。

2020年の様子はこちらをご覧下さい。(GOOGLE PHOTOページ)



今回も、行先は伊勢志摩・鳥羽方面を計画しています。

詳細は後日お知らせ致します。

続報をお楽しみに


<開催日時>:2月28日(月)

<集合場所>:安濃SA(下り)※現時点での予定です。

まずは皆様のご予定の確保をお願いいたします。



昼食の予約の都合上、参加人数を把握する必要がございます。

ご参加いただける方は、必ずディライト各店までご連絡をお願いいたします。


-----------------------------------------------------
〇ディライト・ドゥカティ鈴鹿 059-370-5528
〇ドゥカティ東名名古屋 0568-68-7101
〇ディライト奈良 0743-85-4910
〇ダイネーゼプロショップ名古屋 052-265-8961
-----------------------------------------------------

皆様とご一緒できるひとときを楽しみにしています。

今年は一緒に走りましょう! 2022極寒ツーリング


2022年01月19日

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】 こんばんは。ディライト奈良の西本です。

・・・(その1)の続きです。

大原橋のところまでもどり、未舗装路を約1km南下、
再び舗装路になる高円山コースに入ってすぐのところに、
「春日山石窟仏」への案内板があります。

ここから先は車両では進めない道なので、歩いていきます。

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】 木々の中に、大きな鳥小屋のような建物が見えてきました。
 

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】 金網張りの中を覗くと、その中に「春日山石窟仏」がありました。
建物は、石窟仏の風化やイタズラを防ぐためものなのでしょうか。
随分傷んでいるように見受けられました。

誰がどんな目的で、またはどんな思いでこの場所に仏様を彫ったのか、
何とも不思議な石窟仏です。

案内板に「首切地蔵」という怖~い名前のお地蔵様が示されていたので、
そこへも行くことに。

しかし、これが随分歩かなければいけないことになりました。

まだ明るい日中とは言え、誰もいない山の中で分岐点をいくつも通り、歩みを進めることだけを考えていると帰り道がわからなくなるのではと不安を感じはじめ、奈良市内で遭難してしまうのでは・・・。

今回は諦めてまだ出直そうかなぁと思い始めたとき、視界のなかにそれらしきものを発見しました❕

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】 ここでまた疑問が。

「荒木又右衛門」はためし斬りとはいえなぜお地蔵様の首を斬ったのか?

帰ってから調べてみましたが、答えは見つかりませんでした。
それはあくまで伝説で、硬い石をスパッと斬るくらい荒木又右衛門の剣術が非凡だったということなのでしょう。

奈良と柳生を結ぶ昔の幹線道沿いにこのお地蔵様は安置されていて、道中の安全を祈願されていたことがうかがわれます。


ここから一旦ドライブウェイに戻り、つぎは「地獄谷石窟仏」へと向かいました。

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】 ドライブウェイを500ḿほど南へ走ると、左側に「地獄谷石窟仏」の案内板があります。
そこにMULTIを停め、再び山林の奥へと独りで歩いて向かいました。

案内板には600mとありましたが、1000m以上はあるように遠く感じました。
日陰には雪が残っている寒~い山道の奥に、その仏様はありました。

ここも「春日山石窟仏」と同じく鳥小屋のような建物で覆われていて、金網越しに石仏を拝むことができます。

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】 ここでも、なぜ<地獄谷>と呼ばれるところで仏様を彫ったのか、そもそもなぜここが<地獄谷>という恐ろしい名称で呼ばれるようになったのか、疑問は尽きません。

そうこうしているうちに、陽が傾き始めました。
こんな山中で日が暮れ真っ暗になると、ホンマに遭難してしまいそうです。
空想はほどほどにして、駐車場に戻り、ドライブウェイを南下しました。

ソロツーリング【奈良奥山ドライブウェイ(その2)】 高円山コース後半には、奈良盆地を見渡せる展望所がいくつかります。

この日は雲が広がる重い冬空でしたが、オレンジ色の空がわずかに見えるところでちょっと休憩し、ゲートが閉まる前にドライブウェイを後にしました。


今回のソロツー、MULTIで走っている時間より孤独を痛感しながら歩いている時間のほうが圧倒的に長かったです。

たまには、こういうツーリングも良しとしましょう。

《終わり》


2022年01月16日

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3 みなさまこんにちは。

本日もどんどんPANIGALE V2用パーツのご紹介を進めていきます。








その5

DEP219 ラジエーターアッパーコアガード
定価 16,000円(税別)

DEP220 ラジエーターロアコアガード
定価 17,000円(税別)
 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3
走行をしているとどうしても傷が付きやすいのがラジエーターです。

どんなバイクでも走っているだけで

飛び石や、砂利の巻き上げ等で常にダメージが入る箇所になります。



特にロアラジエーターはタイヤで巻き上げたものが

直接ぶつかりやすい位置にあるので気を遣いたい部分ですね。







弊社のコアガードはMOTO GPなどでも採用しているハニカムパターンになります。

Team de"LIGHT レーサーにも採用していて

鈴鹿8時間耐久レースでも実績のあるパーツとなります。

そしてこのパターンにしているのにはきちんと大事な理由があります。
 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3





下の写真を見て頂くと分かるように

フィン部分はしっかりと風を通すようになっており、

ウォーターチューブ部分は保護を集中しています。

弊社が目指したところは冷却性能と保護性能の両立でした。


 

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3

【PANIGALE V2】de"LIGHTオリジナルパーツ Part.3
主にラジエーターの水漏れの原因になってくるのが

ウォーターチューブの破損になります。




ウォーターチューブを破損してしまうと

最悪の場合、
自走不能となってしまったりラジエーター交換になる可能性があります。

フィンを守って冷却効率を維持しながら、ウォーターチューブへの致命傷を避けるのが

弊社のコアガードなのです。


↓商品ページはこちらよりご覧ください。
DEP219 / DEP220


大事なバイクを綺麗に永く乗って頂くためにV2オーナーの皆様、是非ご検討ください。



次回 Part.4 へ続きます

最後までご覧頂きありがとうございました。



 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.