2019年11月15日

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


現在ドゥカティでは新車購入をサポートするキャンペーンがいくつか実施されています。


ディアベル1260もキャンペーン対象モデルのひとつで、デスモプラン特別低金利1.9%が適用されます。
 

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。
ローンでの購入をお考えの方にとっては、またとないチャンスです!




ディアベルの推しポイントは、ライダーフレンドリーなところ。


迫力のある外観からはイメージできないかもしれませんが、とにかく安心感が大きいです。


安心感を生んでくれる要素としては、

・またがった際に足を接地させやすい

・乗車姿勢がゆったり

・バイク自体の重心が低い

・低速域でもトルクフルなエンジン

などが挙げられます。


足を地面につけやすいというのは、そもそもディアベルはシート高が低いということがありますが、加えてシートの幅がキュッと絞られていることもそれに寄与しています。


ドゥカティのLツインエンジンは幅がほぼ1気筒分しかないので、フレームの幅も抑えることができ、スリムな車幅を実現できるのです。


シートの幅が狭いので、シート高の数値以上に足を接地させやすく感じることができます。




乗車姿勢については、視界を広く保てる幅広のハンドル、クッション性とホールド性に優れたシート、そして違和感のない位置にセットされたステップにより、リラックスしてライディングすることが可能です。


バイクは、ライダーが力んで操作するとスムーズな動きをしてくれなくなるので、安心かつ安全に乗るためにも、リラックスできる状態というのはきわめて重要になります。




バイクの重心が低いことのメリットは、直進安定性が高いということと、車体が急に倒れこむことが少ないことがあります。


たとえば、バイクを手で押し引きする時や、低速で旋回する時などに車体がグラついても、グラつく挙動が比較的穏やかなので、車体を支えやすいのです。


ディアベルは決して軽くはありませんが、低重心のおかげで、その重さへの対処はしやすいほうだと言えるでしょう。




エンジンも頼りがいが大きいです。


いわゆる高回転型ではなく低回転からモリモリパワーが出てくる特性なので、ゼロ発進は力強く、そこからの加速力はもうあり余るほど。


ちなみに、静止状態から最初の数百メートルの加速力はパニガーレV4よりも上らしいですよ(笑)。


つまりツーリングなんかでは、エンジンを回さなくても速いし、余裕をもって流せるということなのです。


私根岸的には、北海道や北米をこのディアベルで走りたいですね。
 

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。
「一見イカついんだけれど、実は優しいマッチョ」という感じです。


外観も、現行モデルになってからよりスポーティ&スマートになりました。


当店では現在試乗車もご用意しておりますので、ぜひご来店いただいてディアベルに触れてみてください。
 

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.
 

見た目アレやけど、ホンマは優しいねん。


2019年11月09日

心地よさ・走り・高級感、すべて妥協なし。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


前回のモンスター797サポートキャンペーンに引き続き、今回もキャンペーン告知をさせてください。
 

心地よさ・走り・高級感、すべて妥協なし。 ムルティストラーダ1260パイクスピーク。


ご成約いただくとデスモプラン特別低金利1.9%を適用することが可能です!


当店はデスモプランを利用されるお客様が多いので、ニーズがあると考えご案内させてもらいます。


通常金利3.89%ですので、金利の差は決して小さくありません。


この機会にパイクスピーク乗っちゃいましょう!


パイクスピークは簡単に言うと、「ムルティストラーダの中でイチバンええやつ」です。


オーリンズ製フロントフォーク&リヤショック、マルケジーニ製鍛造ホイール、ブレンボ製キャリパー『EVO M50』など、各部装備はSBKにも劣らないほど。


この手のバイクはとかく快適性に重きがおかれ、その部分にコストがかけられがちですが、このパイクスピークについては、快適性と同じくらい走りの質も重視されているのがよくわかります。


また、シフトアップ/ダウン双方向対応のクイックシフターやクルーズコントロール、ウインカーオートキャンセラー、コーナリングライト等、ライディングをより楽しく、快適にする技術もてんこ盛り。


ついでにいうと、ウインドスクリーンやフロントフェンダーなどはカーボン製で、高級感も抜群です。


さすが、「イチバンええやつ」ですね。
 

心地よさ・走り・高級感、すべて妥協なし。

心地よさ・走り・高級感、すべて妥協なし。
車体がやや大柄で、外から見ていると身構えてしまいますが、一度またがり走り出すと、そこには極上のライディング体験が待っています。


ツーリングの平均走行距離が延びるのは間違いありません。


アップライトポジションなので、個人的には低速域でのコントロールもしやすいと思います。


がっつりなツーリングが好みの方、いかがでしょう。


展示車、当店にあります。


低金利キャンペーンは今年の年末までになるので、このバイクが気になる方はできればお早めにご相談ください。
 

心地よさ・走り・高級感、すべて妥協なし。
以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2019年11月08日

DIAVEL1260用ラジエターコアガードと機能について

DIAVEL 1260 用ラジエターコアガードと機能について

 

以前にもブログで紹介いたしましたが、

「コアガード」にはジレンマがつきものです。


「冷却効果」
   と
「保護効果」


保護効果を高めようとするとメッシュが細かくなり、
ラジエターに風が当たる面積が狭くなってしまいます。

結果、冷却効率を下げてしまいます。

想像できますよね。


特に真夏の過酷な条件では、水温が1度違うだけでもマシンに大きな影響を与えかねません。



我々が考えた結果、
  • 守るべき部分をしっかり守る
  • 風を通す部分の妨げを減らす。

という基本的な課題にぶつかりました。

 

DIAVEL 1260 用ラジエターコアガードと機能について

シンプルなデザイン


ラジエターコアの構造は、

左右に渡って水が通るライン「チューブ」と、

放熱する波状の「フィン」、

から構成されています。


ラジエターの働きは、

チューブの中にエンジンにて熱せられた水を通し、

チューブの熱をフィンが放熱するという仕組みです。



すなわち、

一番守りたいところは「チューブ」です。

ここが破損してしまうと水が漏れ、走行不能に陥ります。



チューブをしっかり保護し、フィンに風が当たりやすくすると、

このようなシンプルなデザインとなりました。



 

DIAVEL 1260 用ラジエターコアガードと機能について 写真を見ていただきますと、

チューブが菱形の格子によって保護されているため、見えなくなっています。

見えているのはフィンのみ。

これが冷却効率と保護の両立です。

DIAVEL 1260 用ラジエターコアガードと機能について DIAVEL1260/DIAVEL1260S用

ラジエターコアガード

品番 DEP208

価格 20000円(税別)

詳細ページ
https://www.delight-suzuka.co.jp/products_detail/435/
 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.