2019年09月14日

世界耐久仕様!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


ついに出ました!世界耐久仕様のパニガーレV4R!
 

世界耐久仕様!
どうやら、来週(21日)開幕するFIM世界耐久選手権に出場するV4Rとのことです。


開発したのは、ドイツのハートランプ・レーシング(Hertrampf Racing)というチーム。


いちおうプライベーターみたいですね。


車両を見てみると…


最も目を惹くのは、燃料タンク。


耐久レーサーということで、とにかくデカい!


モッコリし過ぎです!


ライダーのモッコリよりモッコリしているのではないでしょうか!


また、マフラーは(サイドからも出ていますが)センターアップになっていて、独特な雰囲気を放っています。


サイレンサーが短小なので、エキパイの管長が妙に長く見えますね。


その他、ホイール等も専用のものが使われているようです。




それにしても「ドゥカティの耐久レーサー」という響き、なんだか新鮮です。


「8耐仕様のドゥカティ」とはまた違った印象を受けます。


「耐久レーサー」と聞くと、ホンダのRCB1000やRVF750、スズキのGS1000R、カワサキのKR1000などを想起しますが、私は「ドゥカティの耐久レーサー」と言われても、あまりピンと来ないので(知識不足でゴメンナサイ…)。




今年はチームディライトもV4Rで8耐に出場できなかったので、公式な耐久レースを走るV4Rはこの画像のマシンが世界初なのではないでしょうか。


SBKなどのスプリントレースでは大活躍しているV4R。


耐久戦の長丁場で、どこまで成果を挙げるのか楽しみです。


途中で羽根がチギれたりしないですよね(笑)。




MotoGPやSBKも気になりますが、2019-20のEWCも、V4Rが出ている以上見逃せません!


私もレースの動向をチェックしておきます。




では、今回はここまで。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.


 


2019年09月10日

久々のてっぺん。

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


先日、SBKポルトガルラウンド・レース1でC・デイビスが2位を獲得したとお伝えしました。


今回は、日曜日に行われたスーパーポールレース(周回数10周の超スプリントレース)とレース2の結果について。


なんと、A・バウティスタがスーパーポールレースで2位、レース2では優勝を飾りました!


バウティスタの勝利は、第7戦以来約2ヶ月ぶり。


強敵であるJ・レイとトップ争いを展開し、パニガーレV4Rのパワーを活かして熱戦を制しました。


一方、レース1で2位になったデイビスは、スーパーポールレースで10位、レース2ではマシントラブルに見舞われ16位でチェッカーを受けました。


1日目の健闘で2日目への期待も高まりましたが、残念でした。

 

久々のてっぺん。
バウティスタには、今回の勝利をきっかけにまたシーズン前半のような無敵モードになってほしいですね。


もう一度、ポイントランキングのトップに返り咲いてほしい!


もしバウさんが今年チャンピオンを獲れば、バウさんにとってもV4Rにとっても、“参戦初年度でいきなりチャンピオン”ということになり、大きな話題となること間違いなしです。


(V4Rの売り上げも、増えそうな…)


バウティスタとデイビス両選手の今後の奮闘から、目が離せません!


SBKの次戦は、今月27日から始まるフランスラウンドです。


またこちらでレポートするので、見てください!


今日も最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.

 

久々のてっぺん。


2019年09月07日

デイビスが2位!

Piacere.


ドゥカティ東名名古屋の根岸です。


本日、SBK(スーパーバイク世界選手権)の第10戦ポルトガルラウンド・レース1が開催されました(SBKは1ラウンドにつき3レース制。あとの2回は明日日曜日)。


このレース1で、ドゥカティ勢であるAruba.it RacingチームのC・デイビスが2位表彰台を獲得。


1位独走状態のJ・レイを捉えることはできませんでしたが、ヤマハのM・ファンデルマークとの競り合いに打ち勝ちました。


また、A・バウティスタは4位でレースを終えています。


ただ、バウティスタはスタート直後に他車との接触によりコースアウトし、ほぼ最後尾近くまで順位を落としていました。


4位は4位でも、そこからライバルを抜きまくっての4位です。


上位の3人を仕留めることこそできませんでしたが、やっぱりバウさん、速いですね。

 

デイビスが2位!

このレースで面白かったのが、レース中の最高速度。


なんと最速記録は、デイビスが駆るV4Rの317km/hでした。


2番目はレイ(ZX-10RR)の310km/h。


順位こそレイには負けていますが、トップスピードは7km/hも上回っているのです。


V4Rはやっぱりストレートが速い!


羽根のおかげですかね。

 

デイビスが2位!

それにしても、最近バウさんに勢いがないですね…。


シーズン開幕からしばらくは無敵状態でしたが、今ではポイントランキングもレイに抜かれてしまっています。


V4Rがデビューイヤーにいきなりチャンピオン!というシナリオを思い描いていましたが、どうなるのでしょう。


ここからの挽回に期待です。


残りのレースでも、ドゥカティ勢には頑張ってほしいですね!




以上、今日はSBKの話でした。


最後までお読みいただきありがとうございました。


Arrivederci.

 




このページのトップへ

Copyright (c) Co., Ltd. All Rights Reserved.